« 福井県を横断する旅(1) | トップページ | 花菖蒲まつり開催 »

2006年6月 3日 (土)

福井県を横断する旅・平野部コース(1)

今回は前回紹介した「平野部コース」についてもう少しお話ししましょう。

Fukuioudandou4_1

8goufukui21









前回紹介した「平野部コース」は福井県内を走る国道8号・365号・476号・27号を通って福井県を横断するコースです。

このルートの概要は

国道8号の石川県境牛ノ谷峠から坂井平野に入り、「あわら市」・「坂井市」・「福井市」・「鯖江市」を通り、越前市行松町の武生大橋で国道365号に分岐して「木の芽峠」の入口「南越前町板取」に向かいます。
R8usinoyatouge23 8goufukui21_1 8goukousaten22_1





「板取」から「今庄365スキー場」入口前の坂道を直進して上り、国道476号に入って「木ノ芽峠トンネル」を抜けて敦賀市新保地区へ下ります。
Img_1921 Img_1926






Kehizingu111_5 「木の芽川」沿いに「葉原」・「樫曲」を経て敦賀インター付近を通って敦賀市内へ入り、「気比神宮」付近で国道8号に出ます。




R365totinokitouge23_1 なお、国道365号は「木ノ芽峠トンネル」手前で左折して「栃ノ木峠」で県境を越えて「椿坂峠」を通り滋賀県木之本方面に至ります。



敦賀駅近くの「白銀交差点」を右折して県道225号(旧国道27号)に入り、市境の「関峠」を越えて進むと国道27号と合流します。
Turugaeki21 Turugaeki22 R27sekitoute22





ここから「美浜町」・「若狭町」・「小浜市」・「おおい町」を通り抜けて「高浜町」に達して京都府県境の「青葉トンネル」に着きます。
R27mihama22_1 Ooityou111_2 R27aogou21_1





石川県境「牛ノ谷峠」から京都県境「青葉トンネル」(吉坂峠)まで約170キロのコースです。
地図についてはこのブログの「福井県を横断する旅(1)」をご参照下さい。

参考距離

牛ノ谷峠(石川県境)-14㎞→丸岡-12㎞→福井市-25㎞→越前市-25㎞→板取-14㎞→敦賀市-50㎞→小浜市-20㎞→高浜町-16㎞→舞鶴市



皆さんの中には国道8号線をそのまま敦賀まで行った方が良いのではないかと思われる方もいらっしゃると思いますし、実際に8号線を行かれる方もいます。

Img_4151 しかし、国道8号線は、越前市白崎町から山間部に入って約1キロある「武生トンネル」を抜け
、やがて日本海に面した絶壁のような山の中腹部を通ります。



Img_4166 ここは昔から難所と言われた南越前町具谷や大谷の長い上り坂とS字カーブ、そして多くのトンネルが続く区間に入ります。




Img_4189 改修は進んでいますが、歩道がない区間も多い上に、主要幹線であるため大型トラックも頻繁に通りますので非常に危険です。




Gutaniootani44
















そこで早く・安全になるべく苦労せずに福井県を横断したい方は、やはり「越前市」から国道365号と国道467号を通って「木ノ芽峠」を越えて
「敦賀市」へ向かうルートをお勧めします。

このコースも山間部へ入り、「木ノ芽峠トンネル」を頂点とした峠越えがありますが直前まで緩やかな坂が続き、少しずつ上がって行くために初心者でも十分越えられる範囲です。
トラックも通りますが主要道ではないので交通量も少なめです。
ただし、「木の芽峠トンネル」は約2キロと少し長いので前照灯や後尾灯を付けて無理をせず歩道を歩くか、車が来たら止まって避けるなどの安全に注意して通行してください。
Kinometouge44

















また、平行して流れる日野川沿いには鯖江市から南越前町今庄まで「丹南ふるさとスポーツレクリェーションロード」というサイクリングロードがありますのでさわやかな川風に吹かれながら行くのも良いと思います。

なお、海岸部を通りたい方は、前回紹介した「海岸コース」のように「あわら市吉崎」から「越前海岸」を通る国道305号を進んで敦賀に向かって下さい。

または国道8号の越前市庄田「庄田交差点」を右折して西に進んで県道19号沿いに越前市内を抜けて、続く県道19号を西に向かって越前町米ノから国道305号に合流し、海岸沿いに敦賀へ向かうコースも考えられます。

或いは国道8号から福井市内で西にコースを変えて「越前海岸」へ向かうも考えられます。

なお、時間のある方は国道8号から坂井市丸岡町(旧丸岡町・丸岡城で有名)を抜ける県道17号を九頭竜川沿いに北に進み、永平寺町を通って国道416号と合流して国内最大の「恐竜博物館」のある「勝山市」を通り国道157号にて、北陸の小京都と呼ばれる「大野市」へ向かい、ここから国道158号にて南へ進んで福井市へ向かう「奥越大迂回コース」も楽しいかもしれません。

また、敦賀市から舞鶴市までのルートには

1 国道27号線を進むルート

2 美浜町から県道と広域農道からなる通称「若狭梅街道」を通り小浜市へ向かい、小浜市で「若狭自転車道」に入って高浜町へ向かうルート

が考えられます。1の場合はトンネルが5箇所ぐらいで山手側を通り、2の場合は3箇所ぐらいで三方五湖や若狭湾沿いを通ります。

いろいろなコースが考えられますが、是非、自然豊かな福井県を満喫してください。

« 福井県を横断する旅(1) | トップページ | 花菖蒲まつり開催 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178358/10374654

この記事へのトラックバック一覧です: 福井県を横断する旅・平野部コース(1):

« 福井県を横断する旅(1) | トップページ | 花菖蒲まつり開催 »