« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

福井県を横断する旅・若狭梅街道

前回は敦賀市から国道27号線を通り京都府県境まで向かうコースについてご紹介しました。今回は国道27号線のバイパス的な「若狭梅街道」についてご紹介しましょう。

「若狭梅街道」は広域基幹農道や県道をつないで美浜町と小浜市を結ぶ道の愛称です。

R27sata23_1 「若狭梅街道」の入口は敦賀市から美浜町に入り、坂尻海水浴場がある海岸沿いを通って「椿トンネル」へ入る手前の「坂尻交差点」です。

ここを右折して「坂尻トンネル」に入ることになります。
しかし、このトンネルは急な上り坂になっていて危険なため、安全を考えて国道27号をこのまま直進して短い「椿トンネル」を抜けて迂回します。

R27mihama22_2 交差点から国道27号線を約3キロ進んだ「JR美浜駅」先の「郷市交差点」を三方五湖方面に右折して踏切を渡ります。
さらに進むと右手にコンビニ見えて、田園の中を走る広域基幹農道との交差点に出ます。この基幹農道が「若狭梅街道」です。


Kugusiko4_2 交差点を右折して基幹農道に入り、三方五湖の一つ「久々子湖」の横を通り若狭町(旧三方町と旧上中町が合併)へ入ります。




Umetomura21 道なりに田園の中を進み「JR十村駅」付近で大きく右にカーブして約2キロ地点の「若狭トンネル」を抜けて県道22号線との三叉路に突きあたります。
「十村駅」付近までは「JR小浜線」と少し離れた山側を国道27号線が平行に通り、軽めのアップダウンはありますが田園の中をゆったりと走れます。

「若狭トンネル」を避けるならば、「JR十村駅」手前で左折して踏切を渡り、「十村駅」前で左折して集落内を抜けて国道27号に出ることが出来ます。
ここから国道を南に向かい、倉見峠を抜けて「JR上中駅」先の「井ノ口交差点」を右折して「北川」を渡って「梅街道」に戻ります。

さて、「梅街道」は「若狭トンネル」を抜けた後、突きあたりの三叉路を左折して県道22号を下り、「大鳥羽駅」や「若狭有田駅」横を通り抜けて行きます。


Umekaidou41 再び国道27号線と近づく若狭町下吉田付近で右折して県道24号に入り、短いトンネルを抜けて「小浜市」へ向かいます。




Umekaidou43 さらに田園の中を直線的に延びる県道を進んで行くと「小浜市」の中心市街地に入り、小浜市役所がある「市役所前交差点」に達します。




この「市役所前交差点」を右折して国道162号に入り、500メートル行った「NTT前交差点」を左折して右手に郵便局と舟溜まりを見ながら進んで行くと「遊覧船のりば」や「若狭おばま食文化館」がある小浜漁港へ行くことが出来ます。
Nttmae21_2 Fisyaman21 Syokubunkakan21






また、「人魚の像」や「海水浴場」がある海岸線沿いの道を通り、「小浜公園」・「国民宿舎小浜ロッジ」前から海沿いの山腹へ延びる坂を上っていくと小浜・大飯・高浜へと続く「若狭自転車道」へ入って行くことができます。Obama42_2 Obama43_2 Obama45_1






なお、高浜町の城山公園まで続いた「若狭自転車道」をさらに海岸沿いに進み、「三松海水浴場」付近で国道27号線に入って京都府県境の「青葉トンネル」を抜けると京都府舞鶴市に達します。
Siroyama11_3 Siroyama42 R27aogou21_2




「若狭自転車道」については前に述べた「福井県大規模自転車道」のページを参考にしてください。

距離概要 (合計98キロ)

敦賀→9キロ→関峠→10キロ→郷市交差点(美浜町)→8キロ→三方交差点(若狭町)→7キロ→若狭トンネル→7キロ→下吉田→12キロ→小浜市役所→3キロ→小浜ロッジ→11キロ→鯉川交差点→3キロ→青戸大橋(大飯町)→6キロ→若狭和田(高浜町)→4キロ→城山公園→9キロ→青葉トンネル(県境)→9キロ→舞鶴市役所
Wakasatikutizu44_3

2006年7月21日 (金)

福井県を横断する旅 若狭ルート(1)

今回は福井県を横断するコースの内、敦賀市から舞鶴市までの若狭ルートについてご紹介しましょう。

Fukuidourotizu22_1













福井県を石川県から平野部または海岸部のどこの道を通って横断しても道は敦賀市に出ます。

ここから若狭(嶺南)を経て京都府舞鶴市へ向かうわけですが、若狭を貫く幹線道路は国道27号線のみです。
あとは27号線のバイパス的機能をもつ「若狭梅街道」と呼ばれる広域農道や県道を結び小浜市まで達するルートなどがあります。



Turugatizu22_2













では、敦賀市内からスタートしましょう。
敦賀市内には市街地を通る国道8号線と郊外の敦賀インター近くを通る国道8号「敦賀バイパス」、これにつながる国道27号「金山バイパス」が「岡山第1交差点」で交差しています。(国道8号線はここから滋賀県に向かいます。)

8号敦賀バイパス・27号線金山バイパス共に交通量が多いため、今回は27号線の旧道である県道225号を通って敦賀市を抜けることにします。


Kehizingu111_4 越前一の宮「気比神宮」前の国道8号線を600メートルぐらい南下した地点に大きなショッピングセンター(平和堂)がある「白銀交差点」を右折して県道225号線に入ります。



R27sekitouge21 道なりに県道225号を進んで行くと市街地を抜けて緩やかな坂道になり、関峠を越えて美浜町に入ります。




R27sata21 27号金山バイパスのと交差点を潜り抜けて行くと若狭湾の青い海が見えてきます。
さらに進んで敦賀半島の「水晶浜」へ向かう道との三叉路「佐田交差点」に達し、道は27号線と合流して、さらに27号線バイパスとも合流して進んでいきます。

R27sata23 右手にあるドライブインや海水浴場を過ぎて左に大きくカーブすると「坂尻交差点」があり、ここが「若狭梅街道」の分岐点となります。

しかし、「若狭梅街道」はすぐに急な上り坂の「坂尻トンネル」に入って行くので危険なために3キロ先の「JR美浜駅」を越えた「郷市交差点」から梅街道の広域農道に入ることをお勧めします。

さて、「坂尻交差点」をそのまま直進して27号線の「椿トンネル」(短いが歩道なし)を抜けます。
Turugasyuuhen44_2

















R27mihama22 この後27号線は美浜町市街地を抜けて右手に「三方五湖」を眺めながら若狭町(旧三方町と旧上中町)に入り「三宅交差点」で滋賀県高島市へ抜ける国道303号線(小浜から303号と367号を通り京都への道を「鯖街道」という)との分岐点に至ります。
この区間は海と別れて山間部を通り抜けます。

R27mihama1_1R27obama44_2  















このまま27号線を進み若狭の小京都・小浜市へ向かいます。
「南川」を渡り、小浜中心市街地に入る「湯岡交差点」を過ぎると、「加斗」地区までの6キロの区間に「後瀬山トンネル」・「勢浜トンネル」・「加斗トンネル」という600メートルぐらいのトンネル(歩道なし)が続きますので注意が必要です。


Ooityou111_3 この先、「おおい町」に入り「青戸大橋交差点」を過ぎると「情報交差点ぽーたる」、高浜町に入ると「道の駅シーサイド高浜」などの休憩施設や多くの海水浴場を通って行くと右手に「若狭富士」と呼ばれる「青葉山」が間近に迫て来て京都府境の「青葉トンネル」に達します。
このトンネルを抜けて舞鶴市へ向かいます。
R27takahama44_1















国道27号線は多少のアップダウンはありますがトンネルと大型車に注意して走行すれば大きな問題は無いと思います。

Koikawa41_2 そのほか、美浜から高浜までの区間には多くの海水浴場があるため、7・8月は海水浴客に注意が必要です。



なお、時間的に余裕のある方は、三方五湖の湖畔を通る「若狭梅街道」で小浜市まで行き、ここから「若狭自転車道」を通って高浜町へ向かうルートをお勧めします。
Kugusiko4_1 Obama42_1 Kato41_1







参考距離

敦賀-18㎞→美浜-31㎞→小浜-14㎞→大飯-7㎞→高浜-16㎞→舞鶴(合計86キロ)
Wakasatikutizu44_2

2006年7月20日 (木)

福井県を横断する旅 海岸コース(1)

今回は福井県の海岸部を通って横断するコースについてご紹介しましょう。

Fukuidourotizu22















福井県の海岸は石川県境から敦賀湾までの越前海岸と敦賀半島から高浜町までの若狭湾に分けることが出来ます。

越前海岸は「東尋坊」や「越前岬」などに代表される岩場の海岸です。
Touzinbou11_6 Kotyoumon2_1 305etizenntyou1_1





一方、若狭湾は美浜・大飯・高浜などの海水浴場に代表される砂地の多い穏やかな海岸です。
Koikawa41_1 Wakasasiroyama1_3 Wakasakesiki11_3








今回は越前海岸のルートについてご紹介しましょう。

305tizu1






石川県境大聖寺川河口左岸に位置するあわら市吉崎から北潟湖畔を通る国道305号線を芦原温泉へ向かって南下します。この区間は多少アップダウンはありますが松林と水田や畑の間を抜ける緑の多い所です。
Yosizaki26_1 Img_5523_1






Img_1615 芦原温泉から305号線を坂井市三国(旧三国町)に向かいます。





途中、東尋坊に寄り道するために「ワンダーランド」という遊園地付近の「加戸交差点」を右折して坂道を登り県道7号を進んで行くと海沿いの松林の道になり、「松島水族館」「雄島」を見ながら約6キロぐらい行くと観光名所「東尋坊」に着きます。
Wandarando22 Osima11_6 Touzinbou11_7





さらに進んで海沿いに坂を下り、三国サンセットビーチから九頭竜川沿いに三国市街を通り「中元交差点」で305号線には入り、「港橋」「新保橋」と川を渡ります。
Sansettobiti11_1 Mikuni23 Mikuni25






R305nagahasi11 そのまま305号線を進むと「鷹巣海水浴場」横を通って「鮎川」「大丹生」と海岸沿いを抜けて「越廼(旧越廼村)」に向かいます。
この区間は多少のアップダウンと短いトンネルが3箇所ぐらいありますので注意してください。


「越廼」からは「水仙の里公園」や「水仙ランド」がある「越前岬」の下を通り越前町へ向かいます。
Suisennosato1_2 Suisenrando2_1 Suisenrandimae1_1





305etizennmisaki21_2 この区間はトンネルとカーブが連続する海沿いの道で特に「越前岬」前後の2キロは注意が必要です。


トンネルは短いものが多いのですが越前岬を越えて長い「玉川トンネル」(幅広歩道有り)を抜けて玉川温泉の先の「玉川隧道」(約200m)と続く「房山隧道(トンネル)」(約300m)は距離が長く60センチ程度の歩道があるのみでトンネル幅も狭く、照明も暗く、大型観光バスも頻繁に通るため非常に危険です。
R305tamagawa31 R305tamagawa32 R305tamagawa33




無理をせずに細い歩道を自転車を押して行くことをお勧めします。
もし、自転車に乗って走行する場合は明るめの前照灯・後尾灯を点灯した上で反射素材が付いているジャケットを着て通行しください。


民家が道のぎりぎりまで迫る道路を通り抜けながら進む「越前かにミュージアム」「アクティブハウス越前」がある「厨(くりや)」地区を通り「国民宿舎かれい崎荘」付近から海沿いに緩やかな直線道路が続き南越前町河野(旧河野村)に至ります。
Img_5203 Img_5204 R305kareizaki21






R8suizu22 河野からは305号線を右折して河野海岸有料道路へ入り、敦賀市大比田の「大比田交差点」で国道8号線へ出ます。多少アップダウンする海沿いの国道を敦賀市田結まで行きます。


このまま直進すると「田結トンネル」を抜け北陸高速道敦賀インター分岐点を通り、敦賀市街地を迂回する国道8号線敦賀バイパスとなります。

また、ここで分岐して国道8号の「鞠山トンネル」「金ヶ崎トンネル」を抜け敦賀市内へ進むルートもあます。

しかし、少し遠回りですが危険をさけるために右手の山稜に見える「敦賀火力発電所」沿いに海側に真っ直ぐ延びる道路に入って「フェリー乗り場」方面へ分かれる突きあたりの三叉路を「火力発電所」沿いに左折して進みます。
約1キロ進んで「金ヶ崎臨港トンネル」(幅広歩道あり)を抜けて敦賀湾沿いの「金ヶ崎緑地公園」に出るルートで敦賀市街地に入ることをお勧めします。

Turugatizu22












参考距離

吉崎-10㎞→芦原温泉-9㎞→東尋坊-4㎞→中元交差点-26㎞→越廼-16㎞→越前-16㎞→河野-9㎞→大比田-14㎞→田結-3㎞→敦賀(合計107㎞)

次回は敦賀市から国道27号線に入り、若狭湾を抜けるコースについてご紹介しましょう。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »