« 暖冬の福井をポタリングする。 | トップページ | 3月、久々の雪国ふくい »

2007年2月28日 (水)

若狭に春を呼ぶ「お水送り」

関西に春を呼ぶ行事と言えば東大寺二月堂の「お水取り」(修二会)です。
一方、福井県小浜市神宮寺にある「神宮寺」でも、若狭地方に春を呼ぶ「お水送り」の行事が3月2日(金)に行われます。

この神宮寺の「お水送り」の行事は東大寺二月堂の「お水取り」と関係のある行事です。

伝承によるとこの地の神「遠敷大明神」は魚取りに熱中していて全国の神様が集まる「修二会」に遅れてしまったそうです。
そこでお詫びに若狭の香水(仏様に供える水)を毎年贈ると約束しました。
そして次の年「鵜の瀬」から香水を流すと10日後にこの香水が二月堂の近くに湧き上がりました。そこでこの井戸を「若狭井」と言うようになったと言い伝えられています。
二月堂の「修二会」では3月12日にこの「若狭井」から水をくみ取り、仏様にお供えするそうです。

Omizuokuri11 「お水送り」の行事は当日午後から「神宮寺」で様々な行事が行われますが、クライマックスは夜7時30分頃から9時頃まで行われる「神宮寺」から「鵜の瀬」までのたいまつ行列と「鵜の瀬」での「お水送り」の神事です。
詳しくは「小浜市」ホームページの「まつり」のサイトをご参照ください。(お水送り神事写真は若狭湾観光連盟観光若狭路素材辞典より)
(注意、公共交通機関の接続があまり良くないので「お水送り」の神事を最後まで見るためには小浜市内へ宿泊するか自家用車での来場が良いようです)
なお、「神宮寺」の「木造薬師如来座像」は国の重要文化財に指定されています。


Myoutuuzi11 その他周辺にある「明通寺」や「国分寺」にも重要文化財の仏様が安置されています。(明通寺三重塔写真は若狭湾観光連盟若狭路観光素材辞典より)

神宮寺の「お水送り」の当日(3月2日)は臨時駐車場が設けられるそうですが、天気が良ければ自転車で小浜市内や神宮寺周辺をポタリングしてはいかがでしょうか。



Mikatagoko4_2 また、三方五湖周辺にある梅林の梅も8部咲きだそうです。
3月3日、4日には湖畔のJA三方五湖「梅の里会館」で「梅まつり」が行われるそうです。
三方五湖一周のポタリングもこれからが本番です。
三方五湖一周のコースについては福井県を楽しむ旅 三方五湖(1)および(2)」の記事をご参照ください。


小浜市ポタリングコースは下記地図をご参照ください。
「神宮寺」(福井県小浜市神宮寺)
JR小浜線「東小浜駅」下車徒歩約1時間(約3.5キロ)
国道27号線「駅口交差点」から南へ約3キロ


Obamasipota24

« 暖冬の福井をポタリングする。 | トップページ | 3月、久々の雪国ふくい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178358/14078450

この記事へのトラックバック一覧です: 若狭に春を呼ぶ「お水送り」:

« 暖冬の福井をポタリングする。 | トップページ | 3月、久々の雪国ふくい »