« 福井県を楽しむ旅 三方五湖(2) | トップページ | 電車に乗って、ツーリング »

2007年2月 4日 (日)

早春のツーリング必需品

2007年2月4日、今日は「立春」です。
平年ですと真冬真っ盛りで平地でも40センチぐらいは積雪があり、ツーリングなんか出来る状況ではありません。

Furuzitennsyadou11 しかし、今年は暖冬で2月4日現在、平地では積雪がありません。(日陰には先日の雪が残っているところもありますが)
特に今日は少し冷たい風が吹いていますが、晴天で気持ちよくサイクリングロードを走っている人たちを見かけることが出来ました。


さて、雪国での早春の必需品と言えば、「雨具」です。
特に冷え込んだ日には、必ず持っていないと大変なことになります。
北陸地方では冬場は「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるぐらい晴れていてもあっと言う間に雪が降り出すことがよくありますが、春が近づくにつれて気候も安定してきます。

Furuyuusetusouti11_1













しかし、ここで注意が必要です。
雪国の道路は雪を溶かすために融雪装置という物が所々設置されています。
これは、地下水などで雪を溶かす装置で路肩や道路中央から水を噴き出しています。

これが問題なのです。
早春には雪が降っていないのに作動したり、凍結防止のために作動していることがよくあるのです。
空は晴天でも道路は水浸しで洪水のように水が流れている光景をしばしば見かけます。
高さ1メートルも勢い良く出ている所もあります。
雪国をツーリングされている方はご存知だと思いますが、「凍結」の他にも「融雪装置」には気を付けて雪国のツーリングを楽しんでください。

Fuyuhinosann11 所々に浅緑の芽を出し始めた早春の野と白く続く山並のコントラストは少し冷たい風と共に心地よい緊張感を感じさせてくれます。(今年は暖冬で山にも雪は少ないようです)



2007年2月4日、国道476号福井県敦賀市新保と南越前町今庄の境にある木ノ芽峠トンネル付近の状況です。
Fuyukinometouge11 Furukinometonneru11







平年、豪雪地帯と言われる福井県南越前町今庄地区も暖冬です。(国道365号線の状況です)
Fuyuimazyou11





なお、天気の状況により降雪量・路面状況は変化しますのでインターネットサイト「雪みち情報ネットふくい」で道路状況をご確認ください。

« 福井県を楽しむ旅 三方五湖(2) | トップページ | 電車に乗って、ツーリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178358/13785130

この記事へのトラックバック一覧です: 早春のツーリング必需品:

« 福井県を楽しむ旅 三方五湖(2) | トップページ | 電車に乗って、ツーリング »