« 早春のツーリング必需品 | トップページ | 暖冬の福井をポタリングする。 »

2007年2月 8日 (木)

電車に乗って、ツーリング

今年は暖冬で福井県内でも雪が少ない状態が続いています。
福井平野や若狭地方の平野部では積雪がありません。
例年ですと2月は関西方面へ「車」で自転車を運び、ツーリングを楽しんでいる時期です。
しかし今年は積雪がないため、県内のサイクリングロードや一般道でツーリングが楽しめます。(風は少々冷たいですが)

先日、若狭地方にある「三方五湖」一周のツーリングを楽しんで来ました。
Mikatagoko1 Mikatagoko2Mikatagoko3_1
Mikatagoko4Mikatagoko5 Mikatagoko6






くわしくは「福井県を楽しむ旅(1)および(2)」をご覧ください。

さて、皆さんは電車を使って「輪行」の経験がありますか。
「輪行」とは、自転車を専用バックや簡易包装で包んで「電車」や「車」或いは「飛行機」で目的地まで運んでツーリングを楽しむ方法です。

昔は「電車」で運ぶ場合、荷物料金を取られたそうですが、現在はほとんどの鉄道で「無料」で持ち込むことが出来ます。ただし、他の乗客の方に迷惑をかけないように「布」や「ビニール」などで包む必要があります。

「バス」はまだ経験がありませんがスペースの関係で持ち込みを禁止している所が多いと聞きます。
「飛行機」は厳重に梱包して荷物として規定の料金を払う必要があります。

また、宅急便でも取り扱ってくれる会社もあるそうなので、事前に電話などで問い合わせてください。

Rinkou7 では、「電車」に持ち込む場合、どのようにすれば良いのでしょうか。
自転車はコンパクトにするために、前輪または前後輪・ペダルなどを外してフレームにひもなどで固定します。そして、「布」や「ビニール」で包み、持ちやすいようにひもなどで持ち手を付けておきます。
簡単に梱包するために、「輪行専用バック」が1万5千円から5千円ぐらいで各種販売されています。
また、後輪を外した所に「エンド金具」(1500円ぐらい)を付けると立てた時に「リアディレーラー」の破損を防げます。
(くわしくはマニュアル書を参照してください。)

さて、今度は電車のどこに乗ると都合が良いのでしょうか。
下記の写真はよく利用する「敦賀」から「関西方面」に走る「新快速」での様子です。
(いつもは先頭部の運転席後ろのバーに自転車を固定しています。)
Rinkou4 Rinkou6






JRの新幹線や特急電車はなるべく指定席を取り、各車両の「一番後ろの席」を指定しましょう。そして座席と車両の壁との間が空いているのでここに置きます。(車種により状況が違う場合がありますので、指定する時に確認しましょう。)
一番後ろの座席が空いていない場合は、後ろの席の方に了承を得てから置きましょう。
なお、縦に置くか横に置くかはスペースを見て決め、揺れても転倒しなし様に「ひも」や荷物などで工夫しましょう。

Rinkou5 普通電車の場合は混雑時を避けて、電車の「先頭」や「最後尾」または「乗車口」付近の空間を利用し、出来れば「ベルト」や「ひも」で支柱やバーなどに固定して他の乗客の方に迷惑をかけないようにしましょう。

なお、当方は「輪行」初心者ですので、「輪行」について経験豊富な方がいらしゃいましたら、良い方法やアイデアをお教えてください。

下記の写真は福井県の若狭地方を走る小浜線(「敦賀」から「東舞鶴」)普通電車の様子です。
Rinkou1 Rinkou2 Rinkou3






小浜線は朝夕以外は一両のみのワンマン方式です。
「輪行」で利用する場合は前方部にある程度スペースがありますが、料金支払い等で混雑する場合があります。空いていれば後部のバーに固定する方が良いようです。
なお、「小浜線」の接続駅は北陸本線「敦賀駅」ですが、運行本数が少ないので時刻表でご確認ください。

« 早春のツーリング必需品 | トップページ | 暖冬の福井をポタリングする。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178358/13834622

この記事へのトラックバック一覧です: 電車に乗って、ツーリング:

» 第4回心のふるさと 若狭町の四季フォトコンテスト(福井) [フォトコンテストガイド]
■テーマ 潮海(うみ)と山里(やま)の町 若狭町の四季 ■締切 平成19年3月31日(当日消印有効) ■規定 ◆平成18年4月1日~平成19年3月15日に若狭町で撮影した、未発表作品に限る。 ◆カラー、モノクロプリント四ッ切(ワイド可)。デジタル写真はA4判にプリント(データ加工不可)。単写真に限る。 ■賞 ◆最優秀賞(1名)30万円 ◆優秀賞(4名)8万円 ◆入選(10名)3万円 ◆佳作(若千名)1万円 ■提出方法 別紙に画題、天地、撮影地、撮... [続きを読む]

« 早春のツーリング必需品 | トップページ | 暖冬の福井をポタリングする。 »