« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月28日 (水)

福井市の桜が咲いた。

Asuwagawasakura41












暖かい日が続いている福井市内では、桜並木が続く市内の「さくら通り」や足羽川堤防の桜並木のさくらの花が咲き始めました。
福井県内の桜の名所では4月1日前後には桜まつりが始まり、夜はぼんぼりに灯りが灯るそうです。

このまま、暖かい日が続けば来週中には満開を迎えることと思われます。

福井県内のサイクリングロードの近くにも桜の名所がたくさんあります。


Fuyufukui46_1 「永平寺福井自転車道」(約26キロ)は福井市にある県総合運動公園から川沿いに「狐川」・「日野川」・「足羽川」・「日野川」・「九頭竜川」と堤防沿いを走り、永平寺町鳴鹿までのコースです。

Asuwagawaugan22_1 この中で足羽川下流の自転車道から上流に向かうと「桜百選」に選ばれた「足羽川堤防の桜のトンネル」やその近くの「足羽山公園」に行くことが出来ます。
また、終着地の九頭竜川「鳴鹿大堰」手前の「五松橋」からは、九頭竜川左岸側の山麓にある「松岡公園」(永平寺町松岡室)や右岸側にある「県総合グリーンセンター」や少し足を延ばして(約8キロ)「丸岡城公園」(坂井市丸岡町)の桜を楽しむことが出来ます。



Kitagatakohasi11_3 あわら市北潟の北潟湖にある「北潟湖ハミングロード」(約14キロ)は湖畔にあるサイクリングパークや少し足を延ばして県境の「吉崎」周辺にも桜の綺麗な所があります。




Nanzyoukasennkouen1_2 「丹南ふれあいスポーツレクリェーションロード(丹南ふれあいロード)」(約28キロ)は福井県の中程にある丹南地区の山里を流れる「日野川」沿いを走るサイクリング道で南越前町今庄にある「ふれあい会館(今庄サイクリングターミナル)」から越前市を抜け鯖江市にある「西山公園」に至るルートです。
通称、「日野川サイクリングロード」とも呼ばれています。
ここには日野川堤防沿いに桜並木が点在しています。
その他、越前市の日野川右岸にある「村国山」の「芦山公園」や鯖江市の「西山公園」は県内有数の桜の名所です。


Wakasakesiki11_1 「小浜大飯高浜自転車道」(約40キロ)は出発地小浜市の海岸沿いにある「小浜公園」(展望台海望山山麓)や終着地高浜町の海岸沿いにある「城山公園」は県内有数の桜の名所です。
また、春の海岸線沿いを楽しみながら所々にある桜並木を楽しむことが出来ます。



Suigetuko1_1 また、自転車道では在りませんが「三方五湖」一周(約38キロ)の周遊コースも湖畔の桜を眺めながらゆったりとした時間を楽しむことが出来ると思います。




以上、詳しいコースはこのブログの過去の記事をご参照下さい。

続きを読む "福井市の桜が咲いた。" »

2007年3月15日 (木)

古代の道をポタリング 小浜から琵琶湖湖畔へ

3月に入りましたが「寒の戻り」で少々寒い日が続きそうな福井県です。
Mikatagokoume21 暖冬の影響で三方五湖湖畔の「梅の花」も終わりに近づき、つぎは「桜の花」の出番待ちです。(開花は30日頃では)



福井県西南部の若狭地方は、関西地域の人たちには海水浴等でおなじみの所です。

さて、若狭の小京都と呼ばれている「小浜市」は古くから「奈良」や「京都」との結びつきの多いところでもあります。
(10月から始まるNHK朝のテレビ小説「ちりとてちん」のヒロインは小浜の伝統工芸品「若狭塗り箸」職人の家に育って大阪に出て落語家になるという設定になっているそうです。)

古くは古墳時代から「若狭の海の幸」が「都」に送られたことが「木簡」や古文書に書かれています。
この「若狭の幸」を送った道として有名なのが小浜と京都を結ぶ「若狭鯖街道」ですが、これより古い道小浜と奈良を結ぶ「古代北陸道」がありました。

「古代北陸道」の原形は「近江国(滋賀県)」から「若狭国」を通り「越国」へ向かったと言われています。

そこで古墳時代に「若狭の幸」が送られた道をポタリングして見る事にします。

Obamasinai22_1 Kitagawa11





まず、小浜から「北川」の上流に向かいます。この道は「国分寺」や「若狭一之宮 若狭彦神社」および「古墳」跡などが多く点在している現在の国道27号線に近いルートではないかと思われます。
しかし、国道は交通量が多いので注意が必要です。走る事に集中したいので在れば、県道小浜上中線(通称若狭梅街道)を走るのも良いでしょう。
Kumagawa41 さて、道は若狭町市場の「三宅交差点」の三叉路を右折して国道303号線に入って緩やかな坂道を上って「熊川宿」に向かいます。




Kumagawa44 「熊川宿」を通ってさらに坂道を上がり、滋賀県に入りて「寒風トンネル」に達します。このトンネルの左側は自転車が通れる幅広の歩道になっています。




Kumagawa45 さらに進むと「水坂峠」の下を抜ける「水坂トンネル」があります。このトンネルも左側に幅広の歩道が在ります。






Kumagawa46 トンネルを抜けて坂道を下って行くと左側に「今津西小学校」が見えて国道367号との分岐の三叉路に出ます。
三叉路を右折して国道367号に入ると「朽木」方面に向って、京都「大原」から「八瀬」抜けて京都市内に行くことが出来ます。これが「若狭鯖街道」です。

しかし、「古代北陸道」はここを直進して国道303号を「石田川」沿いの谷を下って行きます。5、6キロ行くと扇状地形の先端に達します。さらに緩やかな坂道を下って国道161号線の下を潜ると滋賀県高島市今津町の町内に入ります。
(本来の道は「石田川」右岸の「自衛隊饗庭野演習地」の中を通って「安曇川」方面に抜けていたらしい。)

このまま道なりに進み「JR湖西線」を潜って進むと琵琶湖湖畔の道路に達します。
突き当たりを右折して400メートルぐらい進むと「竹生島観光船乗り場」がある通りに出ます。この通りは「JR近江今津駅」に通じています。

Biwakokoseikesiki22_1 ここから先は古代から湖畔沿いに進む陸路の他に琵琶湖を船で渡る「湖道」が在ったようです。
琵琶湖の湖畔沿いには道路が続き、一部国道161号を通りますが「大津」まで行くことができます。


コースの概要は下記の地図をご参照ください。

小浜港から「若狭梅街道」を通り、「三宅交差点」で国道303号にて「熊川宿」を抜けるコース

Obamaimazutizu57

続きを読む "古代の道をポタリング 小浜から琵琶湖湖畔へ" »

2007年3月 8日 (木)

3月、久々の雪国ふくい

03yukimiti44 超暖冬の福井でしたが、久々に雪が降っています。
例年、3月中旬までは雪が降ることは良くあることですが、今年は超暖冬で雪のない日々が続いていたので少々びっくりしました。




03yukimiti41 03yukimiti43





永平寺福井自転車道の起点の福井県営運動公園付近や九頭竜川沿いの道も白銀の世界に早変わりしました。積雪は10センチぐらいです。

来週も雪マークが出ているので折角のポタリングもしばらくお預けになりそうです。
3月の雪は消えるのも早いので、太陽が顔を出せば2、3日で消えてしまうと思います。
しかし、少々ザワザワしていた季節も一瞬の静寂を得られたことで、何となく落ち着いて春が迎えられそうな気がします。

なお、福井県敦賀市以南にある若狭地方は積雪が在りませんでした。(ただし、県境および木ノ芽峠付近を除く)

若狭湾沿いや三方五湖・小浜周辺は少々風が冷たいかもしれませんが、天気が良ければ満開の梅を眺めながら早春の若狭路をポタリング出来そうです。



福井県の降雪情報は福井県道路保全課が運営している「雪みち情報ネットふくい」のホームページでご確認ください。

因みに福井県の桜の開花予想日は例年より6日早い3月30日だそうです。

続きを読む "3月、久々の雪国ふくい" »

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »