« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

福井サイクリング情報(7) 永平寺

Eiheizieiheizi21_3 曹洞宗大本山「永平寺」は鎌倉時代に僧「道元」によって開かれた修行道場の寺です。



今回は新緑の山間を「永平寺川」沿いに走る国道364号線を通って「永平寺」を目指すコースをご紹介しましょう。

Fukuidou41_1 福井市内からは「九頭竜川」沿いに走る「永平寺福井自転車道」(約26キロ)を利用して、「鳴鹿(なるか)橋」まで来ます。
永平寺福井自転車道」についてはこのブログの過去の記事をご参照下さい。



Fukuieiheizitizu333_1











または福井駅東口から「えちぜん鉄道」沿いに進む通称「勝山街道」(福井駅から東古市まで約11キロ)を行くコースや「えちぜん鉄道」で輪行する方法もあります。
なお、「えちぜん鉄道」では毎週日曜日および祝日に自転車をそのまま電車に乗せることが出来る「サイクルトレイン」を実施しています。詳しくは「えちぜん鉄道」のホームページをご覧下さい。


では、「鳴鹿橋」から「永平寺」まで約8キロのルートをご紹介しましょう。
Eiheizitizu222_1




















Narukabasi21_1 さて、「鳴鹿橋」右岸から左折して国道364号に入り、橋を渡ります。
なお、「鳴鹿橋」右岸をそのまま上流に向かうと「勝山市」に至ります。




Higasifuruiti21_1 約500m行くと国道416号と交差する「東古市交差点」に達します。





Eiheizieki22_1 このまま直進して国道364号を進むと「えちぜん鉄道」の踏切に達して左手に「永平寺口駅」が見えます。




Eiheizinisi23_1 さらに国道を約2キロ進むと左手に農協のカントリーが見えて来て、部分開通している「中部縦貫道」を潜り抜けます。(鳴鹿橋から約3キロ)




Img_498501 少し進んで、国道の坂道を避けて左手に延びる「京善」集落への脇道に入り、さらに進んで元の国道に合流します。




Sihiminamisyoumae24_1 ゆるい坂道を徐々に登り、「永平寺そば」などの看板を眺めながら「永平寺」を目指します。




Eiheiziannaisyo25_1 Eiheisi43_1




両側から山が迫って「永平寺川」沿いの道を徐々に上っていくと「駐車場」や「旅館」・「土産物店」が見えて、最後に両側に「土産物」などの店が並ぶ少し急な参道の坂を登ります。


Eiheizi41_1 Eiheizi42_1




登り切った突きあたりに「永平寺」の大きな石柱と僧院が見えてきます。(鳴鹿橋から約8キロ)

参考距離

鳴鹿橋・・・500m・・・東古市交差点・・・2.5キロ・・・中部縦貫道下・・・5キロ・・・永平寺
(合計約8キロ)

福井市内から永平寺福井自転車道経由・・・約34キロ
Fukuidouzentizu033_1











福井東口から勝山街道経由・・・約18キロ

続きを読む "福井サイクリング情報(7) 永平寺" »

2007年5月27日 (日)

福井サイクリング情報(6) 一乗谷朝倉氏遺跡

Asakuraiseki46 Itizyoudanitizu21




「一乗谷朝倉氏遺跡」は福井市南東部にある一乗谷に造られた戦国武将「朝倉氏」の都跡で、中央を流れる「一乗谷川」の両岸約1.5キロに広がる中世の武家屋敷の遺構です。


今回は福井市中心部を流れる「足羽川」沿いを上流に向かい、「一乗谷」に至る約12.5キロのコースをご紹介しましょう。

Fukuisityusinbutizu44_1
















Asuwagawa63_1 「足羽川」は「JR福井駅」から南西に約1キロの所を流れ、市内中心部の両岸堤防上には桜の木が植えられていて「日本の桜 百選」にも選ばれています。



Kitanosyouzyouato21 Img_223901




また、駅西口周辺300m以内には戦国武将織田信長の家臣柴田勝家の居城「北の庄城」跡にある「柴田公園」や福井県庁や警察本部が建っている「福井城跡」があります。


Asuwagawa41 本来は市内中心部から「足羽川」堤防沿いの遊歩道を経由して上流に向かいたいのですが、数年前に起こった大洪水の復旧作業が行われている為に、市内中心部から福井インターへ向かう県道5号を迂回路として走ることにします。



Sakuraisekitiku41


















Fukuiekihigasi22 さて、「JR福井駅」東口から南東に約500m進んで左折して片側2車線の県道5号に入ります。






Fukuisikatumi23 Itagakibasi24




県道を約800m進むと「勝見交差点」に至り、ここを右折して県道242号に入って約900m行った「板垣橋」付近で「足羽川」堤防上に出ます。


Fukuisiwasa25 Asuwagawa42




ここから「足羽川」右岸の堤防を走る一般道を上流に向い、国道8号や高速道を抜けて進んで行きます。



Asakuraisekitizu42


















Tennzinbasi26 遠くに見えた山が段々と大きくなり、山が迫って来る手前に架かる「天神橋」を渡って突き当りを左折して脇山ヶ町集落内を足羽川沿いに行きます。



Asakurasiryoukan21 「朝倉氏資料館」を見ながら約2キロ進んで「JR越美北線」の踏切を渡り、足羽川支流の「一乗谷川」手前の交差点に至ります。
(現在、交差点手前で工事を行っているので右手の集落内を抜けても良い)


Asakuraiseki41 Asakuraiseki42




この交差点を右折して「一乗谷川」沿いに約300m進むと右手に「一乗谷朝倉氏遺跡」の石碑と小高い土手があります。
これが街に入る入口「下城戸跡」です。


Asakuraiseki43 Asakuraiseki44 Asakuraiseki45




さらに進むと右手に四角い井戸跡が幾つも並んでいる屋敷跡の遺跡が広がり、そして川左岸に「朝倉氏」の住居跡に残る「唐門」が見えて「復元武家屋敷」に至ります。(福井駅から約12.5キロ)


Itizyoudaki41Itizyoudaki42




さらに約3.5キロ上流には「ファミリーキャンプ場」や剣豪「佐々木小次郎」が「ツバメ返し」の技を編み出したと伝承される「一乗滝」があります。

参考距離
福井駅東口・・・2キロ・・・板垣橋・・・6.5キロ・・・天神橋・・・4キロ・・・復元武家屋敷(合計約12.5キロ)

続きを読む "福井サイクリング情報(6) 一乗谷朝倉氏遺跡" »

福井サイクリング情報(5) 大安禅寺

Daianzenzi22 Daianzenzi25




大安禅寺は福井市北西部の谷間にある臨済宗妙心寺派の寺院で福井藩主越前松平家歴代の高さ3mもある巨大な墓石が立ち並ぶ廟所「千畳敷」があります。

Daianzenzi23 また、初夏には花菖蒲が咲き誇り、6月中旬から「花菖蒲祭」が開かれます。(拝観料500円)




今回は新緑の川沿いを「大安禅寺」まで走るコースをご紹介しましょう。

Fukuisityusinbutizu44














JR福井駅から西へ400mの「大名町交差点」を左折して南に向かい、市内中心部を流れる「足羽川」に架かる「幸橋」を渡ります。
Fukuieki11_1 Fukuiekimae11_1 Dimyoumrikouaten21







Daianzenzitizu21















「幸橋」から「足羽川」左岸にある遊歩道を進んで下流数キロの所にある「水越橋」或いは「大瀬橋」から右岸に渡り、「永平寺福井自転車道」に入って「日野川」に合流します。(水越橋から「永平寺福井自転車道」です)
Saiwaibasi21 Saiwaibasi22 Oosebasi22_2







郊外を流れる「日野川」の右岸を約2キロ進むと「明治橋」に至ります。
Meizibasi20 Meizibasi21







ここで自転車道と別れて「明治橋」を渡り、左岸を下流に1.5キロ進んで行くと「深谷霊園」近くで一般道に合流します。
Meizibasi22_1 Meizibasi23







ここから一般道を約1.5キロ進み、「大安禅寺門前」バス停付近の「大安禅寺口」を左折して「田ノ谷集落」内を約500m行くと「大安禅寺」の山門にたどり着きます。
Daianzenzimae21 Sanmon21






山門から急な登り坂を約300m行くと山腹にある「大安禅寺」に到着します。
(JR福井駅から約10キロ)
Sanmon22 Daianzenzi21 Daianzenzi24







大安禅寺から一般道に戻り、北に向うと国道416号と合流して「川尻町」にある「柳原交差点」で越前海岸を走る国道305号に入ることが出来ます。(大安禅寺から約12キロ)


参考距離
福井駅・・・4キロ・・・大瀬橋・・・2キロ・・・明治橋・・・4キロ・・・山門・・・300m・・・大安禅寺(合計約10キロ)

続きを読む "福井サイクリング情報(5) 大安禅寺" »

2007年5月25日 (金)

福井サイクリング情報(4) サイクリングロード

新緑が、まぶしい季節です。
サイクリングを楽しむには絶好の季節です。

さて、福井県内にはサイクリング専用道が幾つか建設されていますが、建設されてからあまり管理が行き届いていないので一部には荒れている所も目立ちます。

しかし、自動車を気にせずに気軽におもいっきり福井の大自然を満喫できるコースです。

では、ここでそれぞれのサイクリングロードの概要をご紹介しましょう。

(1)永平寺福井自転車道(ファインロード)約26キロ
このコースは福井市郊外を流れる川沿いのコースです。
福井市西部の「福井運動公園」から「日野川」「九頭竜川」を経て永平寺町「鳴鹿」までのルートで、福井市中心部を流れる「足羽川」の遊歩道とも合流し、「日野川」右岸から「九頭竜川」左岸を上流に向かって走るルートです。

Fukuidou24_1 Fukuidou42_1 Fukuidou45_1






Eiheizieiheizi21_1 なお、「鳴鹿」からは「鳴鹿橋」や「東古市交差点」から国道364号を東に向かい、鎌倉時代に道元が開いた「永平寺」に行くことが出来ます。
また、「九頭竜川」をさらに上流に向かうと勝山市にある「県立恐竜博物館」へ行くことも出来ます。


(2)北潟湖ハミングロード 約14キロ
このコースは芦原温泉がある「あわら市」の北部、石川県境近くの国道305号沿いにある「北潟湖」湖畔を周遊するルートです。
しかし現在整備中のため、自転車道が完成している部分は赤い「アイリスブリッジ」が架かる南東部の約4キロの周遊コースだけです。

しかし北部湖畔については一般道を使って周遊することが出来ます。
ルートは湖畔の北西部を走る国道305号から「北潟湖」北端の「吉崎」地区を経由して北東部を走る県道29号を通り「蓮ヶ浦」地区で右折して坂道を越え、「北潟湖畔荘」横の「アイリスブリッジ」に戻って来る約10キロの道です。

自転車道が走る南東部については湖に架かる赤い橋「アイリスブリッジ」がとても印象的です。
また、湖畔にある管理棟では自転車を貸し出しているほか、ボート乗り場や芝生広場などがあります。

Kitagatakohasi11_5 Kitagatakokonann11_1






Kitagatakorennnyojpg1_1 なお、真宗中興の祖「蓮如」が暮らした「吉崎」から県境を越えて「塩屋海岸」・「加賀海岸サイクリングロード」などに行くことが出来ます。



Touzinbou11_5 また、国道305号を南に向かうと「雄島」や「東尋坊」がある「三国」や「芦原温泉」に行くことが出来ます。




(3)丹南ふれあいスポーツレクリェーションロード
   (丹南ふれあいロード) 約28キロ
このコースは福井県中央部の丹南地域を流れる「日野川」沿いを走るサイクリングロードです。
南越前町今庄の「今庄サイクリングターミナル」から「日野川」下流に向かって「越前市」を経て「鯖江市」中心部近くにある「西山公園」までのルートです。(一部、国道365号を走る区間が在ります。)

Imazyou3_1 Takefukasenkouen1_1 Nisiyamakouen1_3






R365totinokitouge23 なお、今庄から国道365号を通り滋賀県境の「栃ノ木峠」を経て「余呉」・「木之本」方面へ行くことが出来ます。
また、サイクリングロードの日野川最終点「平成橋」を渡って越前町上川去にある「町営野球場」までの短いサイクリングロードを通って国道417号沿いの小高い山上にある「福井総合植物園」に行くことが出来ます。


(4)小浜大飯高浜自転車道 約40キロ
このコースは若狭の小京都「小浜」から小浜湾沿いを西へ向かい、「大飯町」を経て県境の町「高浜町」の海岸にある「城山公園」までのルートです。
「小浜」ではJR小浜線「東小浜駅」から「小浜市」東部にある「明通寺」・「神宮寺」を経て「羽賀寺」から小浜市内に入ります。
「小浜公園」付近から県道235号沿いにある自転車道を展望台に向かって急坂を登り、海沿いの山腹を通って西に向かい、幾つかと海水浴場近くを抜けて「青戸大橋」を通って「青戸の入江」の対岸に渡って「高浜町」の若狭湾沿にある「城山公園」に至ります。
(一部、未着工区間があって、国道27号を通ることになります)

Obamarozzi11 Wakasakesiki11_2 Siroyama11_1






Maizuru22 なお、「城山公園」からは京都県境の「青葉山」山麓にある「松尾寺」や国道27号を経由して県境の「青葉トンネル」を抜けて「舞鶴」へ行くことが出来ます。



自転車専用のサイクリングロードではありませんがサイクリングを楽しめるコースもご紹介しましょう。

(5)三方五湖一周  約38キロ
このコースは「三方五湖」湖畔にある農道と一般道を利用して、「三方五湖」を一周するコースですが、比較的車の通行が少ない上にアップダウンも少なく湖畔と新緑を楽しめるコースです。
「三方五湖」は若狭湾に通じる「久々子湖」・「日向湖」と「水月湖」・「三方湖」・「菅湖」の5つに分けられ、湖岸には梅林が多くあり「三方梅」や「梅干し」として特産品となっています。
ルート上には「梅林」のほかに「観光船のりば」や「縄文博物館」などもあります。

Hyuugako4_1 Hyuugako6 Suigetuko2_1






そのほか、「敦賀半島」を走るコース「丹南東部」の伝統産業を見学体験するコース・三国・芦原温泉」を周遊するコース・「勝山」や「大野」を周遊するコースなどといろいろ考えることが出来ます。

時間のある方はこのブログの過去の記事をご参照下さい。

また、福井県内のイベントおよび観光情報については福井観光情報ホームページ「ふくいドットコム」をご参照下さい。

Img_0527_1 Udatunoyakata41 Etizenmisakitoudai1_1 Maruokazyou22_1 Osima12_1Kyouryuhakubutukan11_1 

続きを読む "福井サイクリング情報(4) サイクリングロード" »

2007年5月19日 (土)

福井サイクリング情報(3) 三国

Mikunizinzya11_6 5月19日から3日間、北陸三大祭りに数えられる「三国神社」の春の例祭「三国まつり」が開催されます。
中日の20日には、大型の武者人形を飾った6基の山車が町中を巡行します。

さて、「三国神社」がある福井県坂井市三国町は日本海に垂直に切り立った岩場で有名な「東尋坊」や「越前かに」が水揚げされる「三国漁港」・夕日が綺麗な「サンセットビーチ」などがある歴史豊かな街です。

今回は福井市から「三国」までのコースをご紹介しましょう。

コースは「県道5号福井芦原線」や「県道29号福井金津線」から「芦原温泉」を経由して「三国」へ向かうルートなど、いろいろ考えられます。

Meizibasi11_1 Mikuni21




今回は福井市の北部を流れて「三国」から日本海に流れ込む「九頭竜川」沿いに走るコースをご紹介しましょう。(約30キロ)


Fukuisitizu44_3













出発は福井市内の「JR福井駅」とします。

Fukuieki21 Fukuieki22 Fukuieki23




「JR福井駅」から商店街を西へ抜けて路面電車が走る「大名町交差点」を渡り、左折して市内を流れる「足羽川」に架かる「幸橋」に向かいます。


Asuwagawasakura22 Asuwagawasakura21




「幸橋」の右側にある歩道専用の橋を渡って「足羽川」左岸の桜並木の遊歩道を下流に向かいます。


Oosebasi22_1 Meizibasi11 Meizibasi33




足羽川に架かる「大瀬橋」を右岸に渡り、さらに川沿いに下流へ向かうと「日野川」に合流して、さら右岸を川沿いに進みます。(なお、大瀬橋から高屋橋までの堤防道路は永平寺福井自転車道区間です。)


Takayabasi23 Takayabasi22_1




「日野川」と「九頭竜川」が合流する地点付近に架かる「高屋橋」を渡って国道416号線に入ります。(福井駅から約10キロ)


Yamamuto22 道なりに進んで交差点で右折して「県道103号福井三国線」を「三国方面」へ進みます。




Mikunikouikitisu44_1





















県道103号は「安沢交差点」で左折して、さらに「取次交差点」を左折して「布施田橋」に至ります。(福井駅から約15キロ)

Fusedabasi22 県道は「布施田橋」を渡らずに「九頭竜川」右岸堤防上を走って「木部新保」地区で堤防から下りて、さらに道なりに進みます。




Mikunizinzyamae21 「池見」地区を通ってこのまま進んでいくと「竹田川」に架かる「栄橋」に至って「三国神社」着きます。


しかし、「池見」地区の先にある「下水浄化センター」(川崎)付近で護岸工事を行っているために現在は迂回する必要があります。


Mikunioohasi22_1 Mitinoekimikuni22_1




一方、「池見」の交差点で左折して県道20号に入り「三国大橋」を渡って行くと国道305号との交差点に至ります。
この交差点の左側には「道の駅みくに」があります。(福井駅から約22キロ)


Kuzuryuukakou11_3 この交差点を右折して国道305号を「三国」方面に進むと「九頭竜川」に架かる「新保橋」を渡り、さらに「竹田川」に架かる「港橋」を渡ると「三国」に至ります。(福井駅から約25キロ)
「港橋」を渡ってすぐの交差点を右折すると「三国神社」がある「栄橋」に至ります。


Mikunityoutizu22_1
















Sansettobiti11 Touzinbou22 Touzinbou11_4




一方、交差点を左折して「九頭竜川」沿いに県道7号を進んでいくと「三国魚港」や「サンセットビーチ」に達して、さらに海岸沿いを登っていくと「東尋坊」に着きます。(約30キロ)


Osima12 この後、県道7号を進んでいくと「雄島」や「海浜公園」そして「松島水族館」を通って「浜地海水浴場」に至ります。



さらに「平山」地区」付近で左折すると海岸沿いに芝生広場と遊園地がある「芝政ワールド」(東尋坊から約10キロ)や国道305号を経由して「北潟湖」(東尋坊から約15キロ)に至ることが出来ます。


Kitagatakotizu444













「北潟湖」には「北潟湖ハミングロード」と呼ばれる自転車道があるほか、6月中旬頃に咲き誇る「花菖蒲園」があります。(東尋坊から約約15キロ)
Kitagatakohasi11_4 Kitagatako41 Kitagatako43






Yosizaki21 さらに国道を5キロぐらい進むと真宗中興の祖「蓮如」が暮らした寺の街「吉崎」があります。




Sioyakaigan21 Sioyakaigan22 Sioyakaiganzu21




この先、県境を越えて国道を左折すると「塩屋海岸」に至ります。(吉崎から約1.5キロ)

また、「塩屋海岸」駐車場にあるトイレ付近から「加賀海岸サイクリングロード」へ入ることが出来ます。

「三国」については下記地図もご参照下さい。

Mikunitizu55_1















なお、「九頭竜川」堤防上には福井市から河川管理用の道路が敷設されています。
一部は一般道や自転車専用道となっていますが、「福井」から「三国」まで堤防道路で行くことができます。
しかし、部分的に未舗装区間(天菅生橋付近から布施田橋付近までや木部新保付近下流など)がありますのでご注意下さい。、

続きを読む "福井サイクリング情報(3) 三国" »

2007年5月15日 (火)

福井サイクリング情報(2) 丹南東部コース1

福井もつつじの花が終わり、新緑が益々まぶしい季節になりました。

さて、今回は福井県の中央部、福井市の南側に隣接する「丹南(たんなん)」地域を周遊するコースをご紹介しましょう。

「丹南」とは福井市より南側にある「鯖江市」「越前町」「越前市」「池田町」「南越前町」の2市3町で構成される地域の総称で、昔の「越前国府」を中心とした「丹生郡」「今立郡」「南条郡」を含む地域です。

「越前市」の旧武生市街地に在ったとされる「越前国府」は、戦国時代の戦火や江戸初期の城下町の造成によってはっきりとした所在地が不明のままです。

しかし、周辺地域には長い歴史を持つ伝統産業が発展して、現在でも「越前和紙」「越前漆器」「越前焼」「越前打刃物」などが特産品として作られ続けられています。

今回は、丹南東部地区にある「越前和紙」「越前漆器」「越前打刃物」を体験・見学するコースをご紹介します。(約40キロ)

Nannantoubu11












出発地は「越前国府」が在った「越前市」の「JR武生駅」西口とします。
駅前を出ると真すぐ西へ延びる道路を約500m進むと突きあたりに「総社大神宮」が在ります。「総社」は国府に造られた神社で越前国の神社をすべて集めて一つに集約した神社だそうです。
この周辺には寺町が造られ、由緒ある寺院が幾つか在ります。

「総社」を出て今度は東に向かいます。
ルートは幾つかありますが、日野川の右岸にある「村国山」の南側を通る県道19号を通って国道8号と交わる「庄田交差点」を渡り、越前市東部の「味真野」地域に向かいます。
(JR武生駅駅から味真野まで約8キロ)


Azimanoenkei1 Azimanoannaizu11_4




「味真野」は古代の歌集「万葉集」の里として有名です。

Azimanoen11_2 Azimanoen41




越前市余川町にある「越前の里 味真野苑」には「万葉集」に歌われている「味真野」へ流刑にされた中臣宅守(なかとみのやかもり)と 都で宅守を思う狭野弟上娘子(さののおとがみのおとめ)が交わした歌「相聞歌」の歌碑が建てられています。


Azimanoen12_2 また、1500年前に即位した「継体天皇」と「照日の前」との悲恋を題材にした、謡曲「花筺(はながたみ)」を記念した像などあります。




Img_1560 この「味真野苑」近くには「タケフナイフビレッジ」があり、ここでは「越前打刃物」の体験や見学が出来ます。




Img_1546 Img_1554 Img_1548




その他、味真野地区には真宗出雲路派本山「毫攝寺(ごうしょうじ)」や「城福寺庭園」・「小丸城跡」などの寺社・史跡が在ります。

続いて「味真野」から北に向かい「粟田部・五箇地域」へ行きます。
(味真野苑から大滝神社まで約4キロ)

Ootakizinzya11_1 五箇地域は「越前和紙」の産地として有名で、越前市大滝町にある「大滝神社」は紙の祖神「川上御前」を祀る神社として有名です。




Img_1583 また、約1キロ離れた新在家町にはある「和紙の里」には「和紙の里会館」や和紙造りが見学できる「卯立の工芸館」や体験が出来る「パピルス館」などが在ります。

「和紙の里」からさらに北東にある「小次郎の里公園」(越前市北坂下町)へ向かいます。
(和紙の里から小次郎の里まで約7キロ)

Img_1618_2 「小次郎の里公園」は「巌流島の決闘」で宮本武蔵と戦った剣豪「佐々木小次郎」が生まれた所として伝承が伝わる「高善寺」周辺を庭園と芝生広場がある公園として整備したものです。



Img_1613 さて、「小次郎の里公園」から「高雄山トンネル」を抜けて鯖江市河和田地域へ向かいます。
「高雄山トンネル」内の右側には幅広い歩道が設置されています。
(小次郎の里からうるしの里まで約5キロ)


Img_1595 「河和田」地域は「越前漆器」の産地で、鯖江市西袋町にある「うるしの里会館」では、絵付け・沈金の体験(予約必要)や漆器の歴史や工程を知ることが出来ます。

「うるしの里」から鯖江市内中心部にある小高い山「西山公園」へ向かいます。
(うるしの里から西山公園まで約10キロ)

Nisiyamakouen583_1 「西山公園」は江戸時代に鯖江藩主によって造られ始め、「日本の歴史公園百選」にも選ばれた公園です。
春の桜やツツジが有名で、山腹にはレッサーパンダがかわいいミニ動物園があります。


Sabaeoohasi41 Iehisafukin41 Bandaibasi41




このあとは「西山公園」の西を流れる「日野川」に架かる「有定橋」付近から「日野川」右岸堤防上や河川敷を走る「丹南ふれあいスポーツレクリェーションロード(サイクリング道)」を日野川上流に向かい、越前市中心部に架かる「万代橋」から市内へ向かって「JR武生駅」に戻ります。(有定橋から万代橋まで約6キロ)
「丹南ふれあいスポーツレクリェーションロード」についてはこのブログの過去の記事「福井県内の自転車専用道について」の中の「丹南ふれあいロード」をご参照ください。


なお、「西山公園」から南東へ鯖江市内を約1.5キロ行くと「JR鯖江駅」に至ります。


コースについては下記の地図をご参照ください。
(丹南東部一周 約40キロ)


Tannantoubu666_1 Takefuekisyuhen222
Azimanotizu666 Kawada666

Nisiyamakouen666_1

続きを読む "福井サイクリング情報(2) 丹南東部コース1" »

2007年5月 8日 (火)

西山公園のつつじは満開

大型連休が終わり、西山公園にも静けさが戻りかけています。

西山公園の「つつじ」は今が満開です。
Nisiyamakouen581




4月下旬に咲き始めた「つつじ」は、最初に咲き始めた花が変色して散り始め、遅咲きの花のつぼみが多少残っていますが、山全体ではほぼ満開状態です。

つつじの木全体に花が盛り上がり、山全体がつつじの花に覆われているようです。
Nisiyamakouen585 Nisiyamakouen584 Nisiyamakouen583




つつじの花一つ一つの美しさは無くなりましたが、木全体が花に覆われて非常に綺麗です。

Nisiyamakouen586









しばらく晴天が続くようですが、西山公園のつつじは今がピークのようです。

続きを読む "西山公園のつつじは満開" »

2007年5月 6日 (日)

福井サイクリング情報(1) 剣神社への旅

新緑の季節の到来です。
ここで新緑の山里を走るサイクリングコースをご紹介しましょう。


Otafukuitizu88_1












コースは福井平野から日野川の支流「志津川(しずがわ)」沿いに山間部に入り、緩やかな坂を登りながら福井市の西部から南西部に延びる丹生山地の中央部にある標高120m地点の「織田」へ向かうルートです。

Turugizinzya24_1 「織田」には延喜式にも記されている古社「越前二之宮 剣神社」があります。




さて、スタートは福井市からとします。

Fukuieki11 Fukuiekimae11




「JR」で輪行される場合は、JR北陸本線「福井駅」で下車し、「西口」に出ます。

Undoukouen51 「車」の場合は北陸道「福井インター」で下りて、国道158号を福井市内へ向かい、市内西部にある「県運動公園」へ行きます。



さて、「JR福井駅」から市内を流れる「足羽川」堤防上の遊歩道を西へ進み、「新明里橋」から「県道6号」に入って「越前海岸」方面へ道なりに進みます。

Mitimorikou22 Nitimorikou33




途中、「道守高校」付近で「永平寺福井自転車道」と交差します。(福井駅から約4.5キロ)


Undoukouen2_1 「車」で輪行した場合は運動公園北西端から始まる「永平寺福井自転車道」に入り、すぐ交差する県道6号へ左折して県道を西へ向かいます。



Kukidubasi1_1 しばらく進み「日野川」に架かる「久喜津橋」を渡り旧清水町に入ります。
水田の中を約2キロ進むと「志津川」に達して、さらに県道6号を「大森」地区へ向かいます。


Oomori22 「大森交差点」の三叉路を直進します。(福井駅から12キロ)
さらに「志津が丘交差点」を直進して「県道3号」に入ります。

さらに山沿いの県道の緩やかな坂を徐々に登り、「越前町」に入ります。


Taityounomori11 温泉施設「泰澄の杜」(福井駅から約16キロ)を過ぎて「下糸生」交差点を右折、「下糸生西」交差点を左折しながら県道3号を「織田」方面にアップダウンを繰り返しながら進みます。



Iwakura11 「岩倉」バス停のカーブを曲がると谷間が広がり、遠くに「織田」の街が見えてきます。(福井駅から約20キロ)




Ota11 ここから3キロぐらい県道3号を進むと右手に「越前町役場織田支所」が見える交差点に達し、「織田」の街中に入ります。




Ota22 約300m進み、突き当たりを右折して商店街に入ります。

商店街を通り抜けると突き当たりが「剣神社」です。



Amayakouhesi22 Otarekisikan22




突き当たりを右折すると「雨田光平記念館」や「文化歴史館」が在ります。

Turugizinzya21 また、左折すると右手に「剣神社鳥居」が見えてきます。
ここまでで福井駅から約24キロです。




Turugizinzya22_1 Turugizinzya23 Turugizinzya24






Tougeikan02 さらに、「剣神社」前の道路を南へ進んで「平等交差点」を左折して行くと右手に「オタイコヒルズ」があります。さらに坂を下り「下河原交差点」を右折して国道365号に入り、南へ約1.5キロ進み「陶芸村入口交差点」から「越前陶芸村」に行くことが出来ます。(剣神社から約3キロ)
「オタイコヒルズ」や「越前陶芸村」には芝生広場があり、ここで休憩を取るのも良いかもしれません。

なお、帰りのコースは来た道を戻るほかに、「織田」まで戻って国道417号にて「鯖江市」方面に下り、「西田中交差点」で分岐して県道28号に入り「福井市」へ戻る(運動公園まで約21キロ)、或いはそのまま「鯖江市」へ向かうコース(JR鯖江駅まで約17キロ)があります。
また、「陶芸村」から国道365号へ出て「樫津交差点」で分岐して県道104号に入り「鯖江市」或いは国道365号から「八田トンネル」を抜けて「越前市」へ行くコースなども考えられます。

コースの概要については下記の地図をご参照ください。

Fukuiseibutizu22 Otafukuitizu11_1

続きを読む "福井サイクリング情報(1) 剣神社への旅" »

2007年5月 5日 (土)

西山公園のつつじ続報8

大型連休三日目、今日は「こどもの日」です。
福井は朝から気温も上がり、予想外に良い天気になりました。

Nisiyama551











さて、西山公園の「つつじ」は昨日の気温が27度ぐらいまで上がったせいで満開一歩前までに開花しました。


Nisiyama552 Nisiyama553







満開近くに高温の日が続くと「つつじ」の花は早く変色して散ってしまうそうなので心配です。

明日は雨が降る予報が出ているので「つつじ」にとって恵みの雨になれば良いのですが。

続きを読む "西山公園のつつじ続報8" »

2007年5月 2日 (水)

西山公園のつつじ続報5

今朝は寒気が入り込んだ影響で強い雨が降りましたが、現在は曇り空です。

Nisiyama521











さて、西山公園の「つつじ」はこの寒気の影響であまり開花が進んでいませんが、天気は回復傾向で明日からは晴天が続くとの予報なので期待したいところです。


Nisiyama522











明日から大型連休後半です。
「さばえつつじまつり」も開催されます。
期間中、満開とは行きませんが「五分咲き」程度には開花が進みそうです。



Tutuzi01 Tutuzi02 Tutuzi03




満開の壮大なパノラマとは行きませんが、一つ一つの「つつじの花」の美しさを楽しむには「5分咲き」程度が良いかもしれません。


そのほか「西山公園」を含む丹南地域では、河和田地区で「うるしの里まつり(越前漆器まつり)」、今立地域で「越前神と紙まつり」、味真野地域「あじまの万葉まつり」などが開催されます。
Tutuzi05 イベント内容やアクセスについては「たんなん観光ガイド」のホームページをご参照ください。

続きを読む "西山公園のつつじ続報5" »

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »