« 福井サイクリング情報(6) 一乗谷朝倉氏遺跡 | トップページ | 福井サイクリング情報(8) 大野市 »

2007年5月31日 (木)

福井サイクリング情報(7) 永平寺

Eiheizieiheizi21_3 曹洞宗大本山「永平寺」は鎌倉時代に僧「道元」によって開かれた修行道場の寺です。



今回は新緑の山間を「永平寺川」沿いに走る国道364号線を通って「永平寺」を目指すコースをご紹介しましょう。

Fukuidou41_1 福井市内からは「九頭竜川」沿いに走る「永平寺福井自転車道」(約26キロ)を利用して、「鳴鹿(なるか)橋」まで来ます。
永平寺福井自転車道」についてはこのブログの過去の記事をご参照下さい。



Fukuieiheizitizu333_1











または福井駅東口から「えちぜん鉄道」沿いに進む通称「勝山街道」(福井駅から東古市まで約11キロ)を行くコースや「えちぜん鉄道」で輪行する方法もあります。
なお、「えちぜん鉄道」では毎週日曜日および祝日に自転車をそのまま電車に乗せることが出来る「サイクルトレイン」を実施しています。詳しくは「えちぜん鉄道」のホームページをご覧下さい。


では、「鳴鹿橋」から「永平寺」まで約8キロのルートをご紹介しましょう。
Eiheizitizu222_1




















Narukabasi21_1 さて、「鳴鹿橋」右岸から左折して国道364号に入り、橋を渡ります。
なお、「鳴鹿橋」右岸をそのまま上流に向かうと「勝山市」に至ります。




Higasifuruiti21_1 約500m行くと国道416号と交差する「東古市交差点」に達します。





Eiheizieki22_1 このまま直進して国道364号を進むと「えちぜん鉄道」の踏切に達して左手に「永平寺口駅」が見えます。




Eiheizinisi23_1 さらに国道を約2キロ進むと左手に農協のカントリーが見えて来て、部分開通している「中部縦貫道」を潜り抜けます。(鳴鹿橋から約3キロ)




Img_498501 少し進んで、国道の坂道を避けて左手に延びる「京善」集落への脇道に入り、さらに進んで元の国道に合流します。




Sihiminamisyoumae24_1 ゆるい坂道を徐々に登り、「永平寺そば」などの看板を眺めながら「永平寺」を目指します。




Eiheiziannaisyo25_1 Eiheisi43_1




両側から山が迫って「永平寺川」沿いの道を徐々に上っていくと「駐車場」や「旅館」・「土産物店」が見えて、最後に両側に「土産物」などの店が並ぶ少し急な参道の坂を登ります。


Eiheizi41_1 Eiheizi42_1




登り切った突きあたりに「永平寺」の大きな石柱と僧院が見えてきます。(鳴鹿橋から約8キロ)

参考距離

鳴鹿橋・・・500m・・・東古市交差点・・・2.5キロ・・・中部縦貫道下・・・5キロ・・・永平寺
(合計約8キロ)

福井市内から永平寺福井自転車道経由・・・約34キロ
Fukuidouzentizu033_1











福井東口から勝山街道経由・・・約18キロ

« 福井サイクリング情報(6) 一乗谷朝倉氏遺跡 | トップページ | 福井サイクリング情報(8) 大野市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178358/15256543

この記事へのトラックバック一覧です: 福井サイクリング情報(7) 永平寺:

« 福井サイクリング情報(6) 一乗谷朝倉氏遺跡 | トップページ | 福井サイクリング情報(8) 大野市 »