« 旧北陸道をポタリング(1)今庄宿から木ノ芽峠へ | トップページ | 福井サイクリング情報(14) 名田庄 »

2007年12月14日 (金)

福井にも雪の訪れ

Img_5857 12月に入り、福井も雪の季節が訪れようとしています。

早朝から雪雷(ゆきかみなり)がなり、どんよりとした低い雲が空を覆っています。

この季節、雪国の自転車愛好家にとっては「冬ごもり」するか、雪のない太平洋側へ遠征するしかありません。

先日、今シーズン最後の林道ポタリングに出かけて来ました。
林道沿いの木々が落葉していて、尾根沿いの見通しの良い道はいつもより新鮮に感じられました。
Img_5837 Img_5839 Img_5843





なお、県内の道路は道路側面や中央から水を散水して消雪する融雪装置の準備も整い、雪が降りそうな状況になると散水が始まります。
また、「弁当忘れても、傘忘れるな」と言われるほど、冬の北陸は天気が急変するので、晴れていても「ズボンのある雨具」は忘れないようにしましょう。

何回か雪が降って根雪になれば、しばらく冬ごもりです。

« 旧北陸道をポタリング(1)今庄宿から木ノ芽峠へ | トップページ | 福井サイクリング情報(14) 名田庄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178358/17365641

この記事へのトラックバック一覧です: 福井にも雪の訪れ:

« 旧北陸道をポタリング(1)今庄宿から木ノ芽峠へ | トップページ | 福井サイクリング情報(14) 名田庄 »