« ちょっと一息ポタリング 鯖江編 | トップページ | 旧北陸道をポタリング(2) 武生から今庄宿へ »

2009年10月25日 (日)

ちょっと一息ポタリング 「今庄」編

Imazyoutaminaru2 南越前町「今庄」には「丹南ふれあい自転車道」(丹南ふれあいスポーツレクリェーションロード)の南の終始点「今庄サイクリングターミナル」があります。



Imajyoutizu12345

















「今庄」は「木の芽峠」から続く「北陸道」と「栃ノ木峠」から続く「北国街道」が交わる交通の要衝に位置し、江戸時代に入って宿場町として整備され「今庄宿」と呼ばれました。
現在も当時の道筋には江戸時代から続く「造り酒屋」や「旅籠」跡が残り、宿場町の雰囲気を保っています。
Img_4816 Img_4819 Img_4810






Nec_0041 谷間に発展した「今庄」は街の北側にある「湯尾峠」から南北に街道が通じ、東側に「日野川」、西側は「藤倉山」や「鍋倉山」などの山が迫っています。



Nec_0024 街の南側は「藤倉山」の東尾根に連なる通称「愛宕山」が日野川に接しています。




Img_8691 この山上には中世から江戸時代初期まで続いたとされる古城「燧(ひうち)城」跡(城の所在地については時代により諸説あり)があります。




Img_8692 この城は寿永2年(1183年)に「平家」軍と「木曽義仲」軍が戦った城として登場し、「源平盛衰記」には「四方の峰を連ねた北陸道随一の城郭」と記されています。



Img_3402 古代から中世にかけては「愛宕山」の南山麓を流れる「鹿蒜(かひる)川」下流にある「帰(鹿蒜)」集落に古代からの宿場「駅」が置かれていました。
そして「今庄」は「今城」と記され、宿場ではなく「燧城」の城下集落だったようです。

現在も麓にある「観音堂」および隣接する「新羅神社」から登山道があり、約15分で城跡に着くことができます。
Img_8694 Img_8696 Img_8693





城跡には江戸時代初期に補強された城の入り口「虎口(こぐち)」の石垣や石段および「本丸」の見張り台の基礎石垣や周辺に造られた空堀・土塁がくっきりと残っています。
Nec_0053 Nec_0051 Nec_0040





因みに元禄2年(1689年)俳人「松尾芭蕉」が福井城下近郊の足羽山山麓に住む「等栽(とうさい)」宅から北陸道を通り「敦賀」に向かう途中、「今庄宿」を通った(或いは宿泊)際に次のような句を読んでいます。
「義仲の 寝覚めの山か 月悲し」

Nec_0064 さて、山間地にある「今庄」は水田が少なかった為に「蕎麦」や「柿」の栽培が盛んで、現在も「今庄そば」や保存食である「つるし柿」が特産品となっています。

なお、「今庄そば道場」(大門地区)や「リトリート田倉」(古木地区)では地元産のそば粉を使った「そば打ち体験」(要予約)が出来ます。
Img_8437 Img_8814



Imajyouzukutizu123




















Imajyoukouikitizu444



















参考図書
福井県史(福井県)
福井県の歴史(山川出版社)
福井県の歴史散歩(山川出版社)

« ちょっと一息ポタリング 鯖江編 | トップページ | 旧北陸道をポタリング(2) 武生から今庄宿へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178358/46583291

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと一息ポタリング 「今庄」編:

« ちょっと一息ポタリング 鯖江編 | トップページ | 旧北陸道をポタリング(2) 武生から今庄宿へ »