« 旧北陸道をポタリング(2) 武生から今庄宿へ | トップページ | 春に向け足羽川をポタリング »

2009年12月 6日 (日)

「融雪装置」にご注意を

Img_9118 12月に入り、紅葉の季節から初冬へと季節は移ってきました。
この時期、ポタリングやサイクリングで気を付けないといけない事は「融雪装置」の存在です。

福井県内では雪や凍結に備えて11月下旬から各地の道路で一斉に「融雪装置」の点検が始まっています。



Img_9119 突然、道路中央や側面から水が噴水のように吹き出し、洪水のようになっている場面に遭遇すると戸惑ってしまいます。

初冬の風物詩と言えばそれまでですが、防御手段のない自転車にとっては面食らってしまいます。

雨が降っていないのに道路が濡れている、或いは対向車が濡れている場合は前方に「融雪装置」があるのではないかと疑って、スピードを落としましょう。

また、北陸地方の格言に「弁当忘れても傘忘れるな」と言うのもがあります。

冬晴れの日、突然に黒雲が現れて急転直下、雨や雪・あられ降ってくることがよくあります。
これは、大陸からの北風に乗って小さな塊の雪雲が流れ込むからだそうです。

北陸の冬は晴天でも油断なく携帯雨具を持って行動しましょう。


雪が降るまでの短い間ですが、冷たい北風に負けずに木の葉に隠されていた美しい景色を探してポタリングを楽しんでください。



追記

Img_8057 福井の冬の花と言えば「越前水仙」です。
今年は暖かい日が多かったために開花も早く、見ごろも例年より早くなるそうです。
少々、距離はありますが、「水仙」が香る越前海岸を走るのも楽しいかもしれません。

305kosino44

305etizen44

« 旧北陸道をポタリング(2) 武生から今庄宿へ | トップページ | 春に向け足羽川をポタリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178358/46950547

この記事へのトラックバック一覧です: 「融雪装置」にご注意を:

» 「自転車散歩部」新し... [自転車散歩! - サイトニュース]
[続きを読む]

« 旧北陸道をポタリング(2) 武生から今庄宿へ | トップページ | 春に向け足羽川をポタリング »