« 継体天皇の宮跡をめぐる旅(3) | トップページ | 継体天皇の宮跡をめぐる旅(5) »

2006年6月25日 (日)

継体天皇の宮跡をめぐる旅(4)

今回は継体天皇の宮跡である弟国宮をご紹介しましょう。

Otokunizi1 Otokuninomiya21_1




弟国宮(おとくにのみや)は、西暦518年に継体天皇が筒城宮から遷宮した3番目の宮です。
宮跡の推定地は、現在の京都府長岡京市今里付近と考えられています。具体的には乙訓(おとくに)寺や隣接した長岡第三小学校付近が候補に上げられています。

乙訓寺の乙訓は、長岡・向日・大山崎地域を乙訓郡といい、古くは「弟国」と記されていました。また、乙訓寺周辺の今里からは、弥生時代から古墳時代にかけての集落跡が広範囲に発見されています。そのほか、真言宗勝龍寺近くにある恵解山古墳や今里車塚古墳跡、隣の向日市には物集女車塚古墳など多くの古墳が点在しています。

Otokunitera2 乙訓寺は、長岡京から平安京へ遷都する原因といわれている桓武天皇の皇太子早良親王が幽閉された寺として知られ、本山の長谷寺から移植したボタンの花も有名です。



Nagaokakyousiannaizu1 その他、周辺には、「長岡天満宮」や法然上人が眠る西山浄土宗の総本山「光明寺」、小畑川を越えて向日市には「長岡京の太極殿跡」があります。

交通アクセス

乙訓寺へは(京都府長岡京市今里3丁目14の7)

JR長岡京駅西口から約2.5キロ
駅前から阪急バスにて今里・あかね方面(10・11系列)へ「薬師堂」下車徒歩5分

阪急長岡天神駅西口から約1キロ
駅前から阪急バスにて光明寺方面(20系列)へ「薬師堂」下車徒歩5分

車の場合は

名神高速道路「大山崎インター」から国道171号などで長岡京市内へ

下記の地図をご参照ください。

Nagaokakyousitizu22

« 継体天皇の宮跡をめぐる旅(3) | トップページ | 継体天皇の宮跡をめぐる旅(5) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 継体天皇の宮跡をめぐる旅(4):

« 継体天皇の宮跡をめぐる旅(3) | トップページ | 継体天皇の宮跡をめぐる旅(5) »