« 継体天皇のお妃たちをめぐる旅(1) | トップページ | 継体天皇の後継者たちへの旅(1) 羽曳野市 »

2006年7月29日 (土)

継体天皇の陵墓を旅する・高槻市

今回は継体天皇の陵墓についてご紹介しましょう。

継体天皇は今から1500年前の西暦507年に樟葉宮(現枚方市楠葉丘2丁目交野天神社付近)で天皇に即位され、筒城宮・弟国宮と遷宮されて最後に磐余玉穂宮(現奈良県桜井市池之内付近)にて西暦531年に崩御されました。

陵墓は大和国ではなく、摂津国三島郡藍野にある藍野陵(あいののみささぎ)に葬られました。現在の大阪府高槻市・茨木市付近です。

Takatukitizu222

Ootachausuyama11 宮内庁は明治時代の調査によって茨木市太田にある「太田茶臼山古墳」を継体天皇の藍野陵として御陵に指定しています。しかし、近年になって考古学的な古墳の形状などからこの古墳は継体天皇より前の時代の古墳であることが判ってきました。
このような事から、現在では「太田茶臼山古墳」の東方1.5キロのところにある「今城塚古墳」(高槻市群家新町、群家小学校横)が真の継体天皇陵墓ではないかと考えられています。

Imasirozuka22 Imasirozuka33 Imasirozuka44_1



「今城塚古墳」は古墳の形が大きく崩れていたことから重要な古墳として扱われませんでした。
その原因は「戦国時代に砦として使われた」からだとされていましたが、近年の発掘調査で「地震による断層」が確認されてから「地震によって発生した地滑り」で古墳の形状が大きく損なわれたのが主要な原因ではないかとされています。
因みに地震は中世の砦の痕跡にも及んでいることから文禄5年閏7月13日(西暦1596年9月5日・この年文禄から慶長に年号を改める)に発生したM7.1の「慶長伏見地震」と言われ、この地震では伏見城天守閣が破壊され奈良・大阪・神戸で大きな被害が出たと言われています。

Imasirozukakanban11 Imasirozuka66_1 Imasirozuka55_1



現在は専門家によって調査が行われ、高槻市によって「史跡公園」(平成23年完成予定)として整備が始まっています。
現在、古墳内は工事のため立ち入りが禁止されています。

Haniwakouzyou31 Haniwakouzyou21 Haniwakouzyou11




一方、これらの古墳で使用された「ハニワ」を作った大規模な工場の遺跡が「今城塚古墳」から1キロぐらい西北方向に行った「名神高速道路」をくぐって200メートルぐらいの住宅地(高槻市上土室町1丁目)にあります。この遺跡は「新池遺跡」と言われ現在は「新池ハニワ工場公園」として工房や窯跡が復元整備されています。

次回は福井県内の継体天皇に関わる伝承についてご紹介しましょう。

« 継体天皇のお妃たちをめぐる旅(1) | トップページ | 継体天皇の後継者たちへの旅(1) 羽曳野市 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 継体天皇の陵墓を旅する・高槻市:

« 継体天皇のお妃たちをめぐる旅(1) | トップページ | 継体天皇の後継者たちへの旅(1) 羽曳野市 »