« 継体天皇の系譜をめぐる旅(1)滋賀県米原市 | トップページ | 継体天皇の後継者たちへの旅(3) 明日香村 »

2006年12月16日 (土)

継体天皇の系譜をめぐる旅(3)石川県加賀市

継体天皇の母振姫(フリヒメ)についての家系は、垂仁天皇の子「イワツキワケノミコ」から続く家系です。

振姫の出身地は日本書紀のよれば「三国の坂中井」および「高向」とあり、現在の福井県丸岡付近です。ここには昔、高椋村(たかぼこむら)があり、振姫を祀った高向神社ありました。現在は福井県坂井市丸岡町高田に高向神社があります。また、丸岡町石城戸のある「国神神社」には振姫の父「コハチノキミ」を祀った高向神社が合祀されています。

さて、振姫の母親の家系を「上宮記逸文」にある家系図から見ると「ヨヌノオミ」の名前を見つけることが出来ます。この「ヨヌノオミ」は「江沼氏」のことで丸岡がある坂井平野とは県境をはさんだ石川県加賀市・小松市付近に本拠地を持った豪族です。この付近は「江沼郡」と言われ、越国から加賀国・能登国が分離する前まで越国に属していました。

Kituneyama11 写真は加賀市二子塚町にある「江沼氏」の古墳と言われている「狐山古墳」です。この付近には多くの古墳が点在していましたが現在は確認できないものも多いようです。
所在地は下記の地図をご参照ください。

Kagatizu333













Teraikofun1 また、小松市の隣、能美市寺井(旧寺井町)秋常付近の和田山・末寺古墳群にある「秋常山(あきつねやま)1号墳」は石川県最大の前方後円墳です。

« 継体天皇の系譜をめぐる旅(1)滋賀県米原市 | トップページ | 継体天皇の後継者たちへの旅(3) 明日香村 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 継体天皇の系譜をめぐる旅(3)石川県加賀市:

« 継体天皇の系譜をめぐる旅(1)滋賀県米原市 | トップページ | 継体天皇の後継者たちへの旅(3) 明日香村 »