« 継体天皇 高向から樟葉宮への旅(1) | トップページ | 武烈天皇の崩御について »

2006年12月31日 (日)

継体天皇にゆかりのある主な神社

2007年は、継体天皇が「楠葉宮」で即位して1500年を迎える記念の年です。
初詣には継体天皇にゆかりのある神社を参拝してはいかがでしょうか。
では、ここで代表的な神社をご紹介しましょう。

Kuzuha11_1 Kuzuha21_2




交野天神社
社内貴船神社
大阪府枚方市楠葉丘2丁目

西暦507年継体天皇が即位した「楠葉宮」跡とされています。


Takasimatanakazinzya22 田中神社
滋賀県高島市安曇川町田中1881

日本書紀に拠れば、近江国高島郡三尾にて継体天皇は生まれました。
現在は田中神社にこの地の祖が祀られています。また、神社の山上には継体天皇の父「彦主人王」の墓とされる古墳があります。

Takasimamiomie11_1三重生神社
滋賀県高島市安曇川常盤木1239

田中神社から約1キロ北には「彦主人王」を祀る「三重生(みお)神社」があります。
境内社には越前と関係のある「足羽神社」「気比神社」があります

Takasimamiomizuo11_1 水尾神社
滋賀県高島市拝戸

水尾神社には継体天皇の母「振姫」が祀られています。


Okinagasizinzya1_1 山津照神社
滋賀県米原市能登瀬390

一説には継体天皇の父「彦主人王」は息長氏の出身とされています。
山津照神社は息長氏の祖を祀る神社と言われ、境内には息長氏の一族の墓と言われる古墳があります。


福井県内にある神社

Takamukuzinnzya1_2 高向神社
福井県坂井市丸岡町高田

日本書紀に拠れば、継体天皇の母「振姫」は故郷「高向」で幼い継体天皇を育てたと書かれています。
現在は高向神社に継体天皇と振姫が祀られ、傍らに振姫を祀る小さな祠と「高向の宮跡」と書かれた石碑が在ります。

Kunikamizinzya11_2 国神神社
福井県坂井市丸岡町石城戸

重要文化財「丸岡城」の近くにある「国神神社」は丸岡城築城に際して丘の上から現在地に移されたと言われ、継体天皇と倭媛との間に生まれた皇子「椀子皇子」及び「振姫」を祀る神社です。

Yokoyamazinnzya1_1 横山神社
福井県坂井市丸岡町堀江

横山神社は継体天皇を祀る古社で、周辺には継体天皇の子孫「三国真人」の祖および一族の墓ではないかと言われる横山古墳群があります。また、東方約1キロには即位の使者と会見したとされる「天皇堂」跡があります。

Asuwazinzya11_2 足羽神社
福井市足羽上町108

足羽山山腹にある「足羽神社」は継体天皇と広媛との間に生まれた「馬来田皇女」を祖とする「馬来田氏」が代々宮司を務める神社です。(現在、新宮建設中です)
また、ここより約200mの山上にある円墳の上には明治時代に建てられた「継体天皇」の像があります。

Mikunizinzya11_2 三国神社
福井県坂井市三国町山王6丁目

三国神社は継体天皇が造った九頭竜川河口「銚子口」近くの小高い丘の上にある神社で、継体天皇の偉業を讃えて造られた「水門神社」を明治時代に合祀しました。

Osima11_4 大湊神社
福井県坂井市三国町安島

雄島にある大湊神社は継体天皇の母「振姫」の祖「垂仁天皇」の子「磐衝別命」を祀る神社と言われています。

Azimanozinzya11_1 味真野神社
福井県越前市池泉町

「味真野」は世阿弥が創作した継体天皇にゆかりの謡曲「花筺」の舞台です。味真野神社のある地は即位前の継体天皇の宮跡とも言われています。

Okafutozinzya11_1 岡太神社
福井県越前市粟田部町

粟田部は「オホド」(継体天皇の名前)の民と言う意味の「オホドベ」から変じたと言われています。この地にも宮跡があったと言われる地に「岡太神社」が建てられています。
また、ここから南東に約2キロのところには紙の神様「川上御前」を祀った「大滝神社」があります。

Kehizingu111_1 気比神宮
福井県敦賀市曙町

気比神宮は越前国一の宮です。
日本書紀に拠れば、継体天皇の祖「応神天皇」が皇太子の時に気比の大神にお参り来られ、この時に大神と名前を交換されたと言う逸話が書かれています。

詳細については「カテゴリー」からそれぞれの福井県または近畿地区などをクリックして関連の記述をご参照ください。

« 継体天皇 高向から樟葉宮への旅(1) | トップページ | 武烈天皇の崩御について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 継体天皇にゆかりのある主な神社:

« 継体天皇 高向から樟葉宮への旅(1) | トップページ | 武烈天皇の崩御について »