« 継体天皇と橘曙覧 | トップページ | 継体天皇にゆかりのある主な神社 »

2006年12月27日 (水)

継体天皇 高向から樟葉宮への旅(1)

2007年は継体天皇が樟葉宮で即位して1500年を迎えます。
古代歴史書「日本書紀」に拠ると、
506年
12月8日 武烈天皇崩御
12月21日第1回後継者人選会議

第一候補の丹波国 仲哀天皇の五世孫である「倭彦王(やまとひこのおおきみ)」を後継者として迎えに行くが、逃げられる。

507年
1月4日 第2回後継者人選会議
1月6日 越へ「男大迹王(おおどおう)」(継体天皇)を迎えに行く。

2日3晩留まって即位を嘆願する。

1月12日 樟葉宮へ到着

2月4日 即位式

以上のような過程が書かれています。
(年月日は古代中国の「元嘉暦」という旧暦に基づいているらしい。)

では、継体天皇は越国高向からどのようなコースを通って樟葉宮へ向かったのでしょうか。

越国高向は現在の福井県坂井市丸岡町高田付近と言われています。また、樟葉宮は大阪府枚方市くずは丘2丁目にある「交野天神社」内にある「貴船神社」付近とされています。

古代の道については資料が少ないので確定は出来ませんが、「延喜式」に拠れば
越前国 三尾・足羽・阿味・朝津・丹生・淑羅・鹿蒜・松原
若狭国 (玉置)・濃飯・(葦田)・弥美
近江国 鞆結・三尾・和爾・穴太
山城国 山科・山崎
河内国 楠葉
以上の地名がコース上に挙げられます。
このコースは古代「北陸道」から「東山道」或いは「東海道」を経て「山陽道」或いは「南海道」を通って楠葉宮に至る道です。

現代風に言えば
丸岡インターから北陸高速道路に入り今庄インターで降りて国道365号及び県道207号で南今庄を経て中山峠を越え杉津で国道8号に入って敦賀に向かいます。
敦賀市内を抜けて敦賀市疋田で国道8号から国道161号に入り琵琶湖西岸を大津に向かいます。
あるいは、敦賀から国道27号で若狭町へ向かい国道303号で滋賀県高島市に至って国道161号に入ります。

大津からは三井寺付近で小関峠を越えて京都市山科に入ります。
山科から京都東インターから名神高速に乗り、大山崎インターで降りて国道478号で桂川・宇治川・木津川を渡り京都府八幡市にある石清水八幡宮近くの京阪本線橋本駅付近から男山の坂道を上がり交野天神社を目指します。
または山科から宇治方面に向かい、当時在った「巨椋池」の北側を迂回するように城陽市付近で木津川を渡り、京田辺市に入り八幡市から楠葉に至るルートも考えられます。
全行程約200キロの道です。

Keitaikeirozu44























行程の詳細については、これから検証していきたいと思います。

« 継体天皇と橘曙覧 | トップページ | 継体天皇にゆかりのある主な神社 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 継体天皇 高向から樟葉宮への旅(1):

« 継体天皇と橘曙覧 | トップページ | 継体天皇にゆかりのある主な神社 »