« 大伴金村について | トップページ | 許勢男人について »

2007年1月20日 (土)

物部麁鹿火について

日本書紀に拠れば、506年12月21日に武烈天皇の崩御に伴い、次期天皇の招請についての合議が開かれたと書かれています。
合議の主なメンバーとして
大連 「大伴金村」
大連 「物部麁鹿火」
大臣 「許勢男人」
の三人の名前が日本書記には書かれています。

ここで合議に参加した「物部麁鹿火(もののべのあらかひ)」についてご紹介しましょう。

大連「物部麁鹿火」は古代有力豪族「物部氏」一族の出身です。
「物部氏」は河内国渋川郡(大阪府八尾市・東大阪市・大阪市周辺)が本拠地と言われ、主に軍事や刑罰の執行など倭政権の軍事面を担当したそうです。その他にも祭祀に関することも行ったようです。
また、「物部氏」は多くの同系同族に別れ、「八十物部」とも言われていたそうです。

日本書紀に拠れば大連「物部麁鹿火」の名前は武烈天皇の即位前に「平群氏」を討つ原因となった「影媛」の父として登場します。
以後、継体・安閑・宣化天皇に仕え、宣化天皇が即位した宣化元年(536年)7月に亡くなったと書かれています。

Isonokamizinzya11 「物部氏」にゆかりの神社は全国にたくさんありますが、奈良県天理市にある「石上神宮」は「物部氏」から改姓した「石上(いそのかみ)氏」が祭事を司っていたと言われています。



Sibukawahaiziato11 また、大阪府八尾市渋川町5丁目にある「渋川天神社」付近は「物部氏」を供養した寺「渋川廃寺跡」とされています。




所在地については下記の地図をご参照ください。

「石上神社」(奈良県天理市布留町384)

Tenritizu11















「渋川天神社」(大阪府八尾市渋川町5丁目)
JR八尾駅下車北西約500m

Sibukawatenzintizu22

« 大伴金村について | トップページ | 許勢男人について »

コメント

古代の豪族について関心を持つものです、詳しい記述面白く読ませていただいています。
 細かいことですが、物部あらかひの亡くなったのは539年ではないでしょうか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物部麁鹿火について:

« 大伴金村について | トップページ | 許勢男人について »