« 男大迹王 倭の使者と会見 | トップページ | 継体天皇 高向から樟葉宮への旅(2) »

2007年1月30日 (火)

河内馬飼首荒籠について

今から1500年前の507年1月、越国三国へ即位の招請に向かった倭の使者に対して、「男大迹王(をほどのおおきみ)」後の継体天皇は大きな疑念を抱いていた。
この時、「男大迹王」に倭中央政権の内情を伝える使者を送ったのが「河内馬飼首荒籠(かわちのうまかいのあらこ)」でした。
「河内馬飼首荒籠」と「男大迹王」は以前からの知り合いだったと日本書紀には書かれています。

では「河内馬飼首荒籠」とは、どのような人物だったのでしょうか。
「河内馬飼首荒籠」は河内国に住む「馬飼い」を本業とする伴部の長だったと言われています。また、渡来人との交流も深かったようです。
一説には諜報部員的な仕事も行っていたのではないかとも言われますが詳細は不明です。
また、「日本書紀」に拠れば、「応神天皇」の母「神功皇后」が新羅に出兵して勝利した時に新羅の王が「これからは馬飼いとして仕え、馬の手入れに必要な刷毛や鞭を差し上げましょう。」と言う場面が書かれています。
そして、「応神天皇」の記述の中には「百済の王が良馬2頭と馬飼いとして阿直岐(あちき)と言う人とを贈った。」という事が書かれています。
この様なことや古墳などからの馬具や馬の埴輪の出土状況から、5世紀頃に馬や乗馬の技術が渡来したと言われています。

一般的に「馬飼い」は川や湖の岸辺などの牧草地で馬を飼うのに必要な塩を作る製塩地から近い所で行われていたようです。
河内国では現在の淀川周辺や古代河内湖の沿岸だった四条畷・寝屋川・東大阪や平野周辺などに点在していたそうです。
Yodogawaryuiki55













この中で「河内馬飼首荒籠」は「樟葉宮」近くの淀川周辺に牧場を持っていた「馬飼」だと言われています。
Hirakatasitizu5












枚方市東部の淀川支流「穂谷川」近くにある「藤阪元町」地区周辺では「藤阪南遺跡」が発見され、集落跡の他に継体天皇時代(1500年前)頃の馬屋跡と思われる細長い建物跡と倉庫跡が発見されています。

Fuzisakasyou11 現在、「藤阪小学校」の構内(枚方市藤阪南1丁目)に遺跡の説明板があります。





その他、北河内地域の「馬飼」に関係する代表的遺跡をご紹介しましょう。

Naraiiseki11 「奈良井遺跡」
大阪府四条畷市中野3丁目
(四条畷市総合センター)
馬の骨や祭具など牧での祭事を行った跡が見つかった


Sitomiyaato11 「蔀屋(しとみや)北遺跡」
大阪府四條畷市蔀屋
(なわて水環境保全センター建設現場)
馬の伝来を思わせる、外洋を航海したと見られる大型船の廃材を使用した井戸や馬具が発見された。

出土品の一部は「四条畷市立民俗資料館」(四条畷市塚脇町3の7)に展示されています。


また、「日本書紀」の継体天皇に関する記述に登場する「河内馬飼首御狩(かわちのうまかいのみかり)」の本拠地とされる「母樹(おもき)」は現在の東大阪市豊浦町付近とされています。

所在地については下記地図をご参照ください。

「藤阪南遺跡説明板」(藤阪小学校)
大阪府枚方市藤阪南1丁目
Fuzisakasyotizu22
















「奈良井遺跡」(四条畷市総合センター)
大阪府四條畷市中野3丁目
「蔀屋北遺跡」(なわて水環境保全センター建設現場)
大阪府四條畷市蔀屋
Sizyounawatesitizu33

« 男大迹王 倭の使者と会見 | トップページ | 継体天皇 高向から樟葉宮への旅(2) »

コメント

武蔵国造の乱前夜
1 物部麁鹿火、碓氷峠を越える
527年磐井の乱 近江毛野らの倭国軍の伽耶派遣を阻む
528年物部麁鹿火、磐井を斬首 磐井の子葛子が屯倉を献上する
529年近江毛野の伽耶派遣は失敗する
531年継体没
534年、安閑元年武蔵国造の乱おこる
以上が『日本書紀』に記載されている内容である。
以下が私の推定である。
528年後、物部麁鹿火にとって次の仕事は上毛野攻略であった。兵力増強のためには上毛野を攻略するしかないと考えるのが妥当でありその手段として、磐井の乱のように武力を使っては元も子も失う結果になりかねないので全面戦争にならない方法をとった。それが武蔵国造の乱である。
麁鹿火は継体大王に磐井の乱の報告を済ませた後、碓氷峠を越えた。河内馬養直荒籠も一緒である。
荒籠は本来の馬の仕事とは別に、諜報活動の専門家でもあり、各地の有力豪族を馬の取引をとうしてよく知っていた。逆に言えばよく知っているが故に武蔵国造の乱を仕込んだのである。仕込みは何年にも及んだ。
結果、これが功を奏し大した戦を交えることもなく武蔵国造の乱は終結する。
この間、半島にいたころ幼馴染だった継体大王(男大ど)おほど と永遠の別れをした。
地勢学的に碓氷峠を控えた扇状地を物部氏に取られることは、上毛野君小熊にとってどんな気持ちか想像に余りある。小熊は部下の謀反(荒籠の計略)により家族とともに新羅を目指して逃亡、榛名山日陰道にて火砕流に遭い亡くなる。(1500年後、金井東裏遺跡発掘される)
物部麁鹿火はこの地で亡くなり、物部氏伝統の巨石で石室を作った古墳 八幡観音塚古墳に被葬される。
名前もなぜか物部氏によく合っている。
この近くに荒籠の墓もある。剣﨑長瀞西古墳である。渡来人として、馬養として、生きた証がある。つづく

よろしければ、続きが書きたいのですが、、、

連絡お願いいたします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河内馬飼首荒籠について:

« 男大迹王 倭の使者と会見 | トップページ | 継体天皇 高向から樟葉宮への旅(2) »