« 石棺の故郷(1) 二上山 (大阪府太子町) | トップページ | 石棺の故郷(3) 越前青石  (福井市) »

2007年3月25日 (日)

石棺の故郷(2) 竜山石 高砂市・加古川市

継体天皇の真の陵墓と言われる「今城塚古墳」からは三種類の石棺に使われたと推測される石片が発見されています。
この中の一つが播磨産の「竜山石(たつやまいし)」と呼ばれるものです。

「竜山石」は兵庫県を流れる「加古川」流域周辺の石切場から産出される石材だそうです。
Harimaisitatuyama41 特に「加古川」河口の高砂市にある「竜山」とこれに続く「伊保山」周辺には古墳時代から続く大規模な石切場や石切場跡を見ることが出来ます。



Harimaisioosiko42Harimaisioosiko43




このうち「伊保山」の東側の山腹の古代の石切場跡には「生石神社(おおしこじんじゃ)」があります。


Harimaisioosiko45_1 Harimaisioosiko47




この神社のご神体は家を横に寝かせたような形をした高さ約5mの「石宝殿」と呼ばれる500トンもある巨石です。
この石は岩をくり抜いて造られた人工の石造物です。
一説には物部守屋によって造られたとも言われていますが、何のために造られ、なぜ未完成のまま放置されたのかも解っていません。

Harimaisiheisouko33 Harimaisiikeziri11




また、「竜山」の北東約5キロにある「平荘湖」北部(加古川市池尻にある貯水ダム)にも古代からの石切場跡があります。
Harimaisisekikan22 この湖畔にある弁天神社の境内には貯水ダムに沈んだ古墳の物とされる「竜山石」で造られた石棺の蓋が置かれています。



さらに約10㎞北上した「加古川」上流部の支流域にある加西市高室周辺にも古代からの石切場跡があるそうです。

「生石神社」の所在地については下記地図をご参照下さい。

「生石神社」へは
JR宝殿駅下車 約1キロ

「平荘湖」へは
JR加古川駅下車 約3キロ

Kakogawatizu11_2 

« 石棺の故郷(1) 二上山 (大阪府太子町) | トップページ | 石棺の故郷(3) 越前青石  (福井市) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石棺の故郷(2) 竜山石 高砂市・加古川市:

« 石棺の故郷(1) 二上山 (大阪府太子町) | トップページ | 石棺の故郷(3) 越前青石  (福井市) »