« 物部氏と穂積氏 | トップページ | 継体天皇関連のイベント情報(1) »

2007年4月15日 (日)

継体天皇と野洲  滋賀県野洲市

滋賀県野洲市(やすし)は滋賀県の南東部を流れる野洲川の右岸にある街です。

この街は「近淡海安国造(ちかつあふみのやすのくにのみやつこ)一族が支配した地域と言われ、周辺には多くの古墳が点在しています。

この古墳の中には継体天皇と関わりがあるのではないかと言われる古墳があります。

この古墳は大岩山古墳群という古墳時代を通じて累々と築かれ続けた古墳群の中にあります。

Yasu23Yasu28




現在、「桜生(さくらばさま)史跡公園」として整備されて、公園内には6世紀前半に築造されたと言われる、「円山古墳」「甲山古墳」と呼ばれる二つの円墳と「天王山古墳」という前方後円墳が隣接して造られています。


Yasu24 Yasu25




さて、「円山古墳」は6世紀初頭に築造されたと言われ、西側に開口した横穴式石室を備えています


Yasu26 Yasu27




また「甲山古墳」は6世紀前半に造られたと言われ、これも西側に開口した横穴式石室を備えています。


また、石室に納められた石棺は、両方とも九州熊本産の「阿蘇ピンク石」が使用された刳抜き式家形石棺です。

10imasirozuka42_2 この石材「阿蘇ピンク石」は継体天皇の陵墓と言われる「今城塚古墳」の発掘調査でも確認されている石棺石材の一つです。



また、朝鮮半島に関係のある副葬品や馬具・武具の破片が出土しています。

これらのことから被葬者は大和政権と深い関わりがあり、九州や朝鮮半島とも関わった武人ではないかと言われています。

一説には「安国造」一族の墓と言われていますが、一部には「磐井の乱」によって朝鮮半島への派兵を阻止され、後に朝鮮半島に派遣された軍司令官「近江毛野臣」の墓ではないかと考える人もいます。

所在地については下記の地図をご参照ください。

桜生史跡公園
JR野洲駅下車 北東へ約2.5キロ
国道8号および旧中山道沿い

Yasusinaitizu22

« 物部氏と穂積氏 | トップページ | 継体天皇関連のイベント情報(1) »

コメント

 貴兄の継体天皇に関する造詣の深さに何時も感心しています。私もそれに刺激され、継体天皇に関心を持ち、最近のブログに2回程、私の勝手な意見を投稿しました、ご一読いただきコメント等頂ければ幸甚です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 継体天皇と野洲  滋賀県野洲市:

« 物部氏と穂積氏 | トップページ | 継体天皇関連のイベント情報(1) »