« 番外編 「紫式部」と「たこの呼坂」 | トップページ | 番外編 「紫式部」と「平安京」(2) »

2008年9月21日 (日)

番外編「紫式部」と「平安京」(1)

西暦996年(長徳2年)夏、「藤原為時」の娘、後の「紫式部」は父と共に住み慣れた都を離れ「逢坂峠」を越えて、北国の赴任地「越前国」へ向かったと言われています。

さて、「紫式部」が暮らした都は「桓武天皇」によって延暦12年(793年)から造営が始まった「平安京」です。

「平安京」は翌年(794年)10月22日に「桓武天皇」が新京に遷り、都の名前を「平安京」と名づけそうです。
Dainairiatozu123














「平安京」は京都盆地の東を流れる「賀茂川」と西を流れる「桂川」に挟まれた北東から南西に傾斜した地に造られました。

元来、この地は律令制に基づいて8世紀の中頃には南北及び東西方向に条里が引かれていて、これを多少変更して中国の都「長安」を参考にして都の造営を行ったそうです。
「平安京」のメインストリート「朱雀大路」は現在の「千本通」に当たり、都の正門「羅城門」は「東寺」から西へ約500mの国道171号から少し北に入った所にあった言われ、現在は小さな公園の中に「羅城門跡」と書かれた石柱建てられています。
Img_7359 Img_7363 Img_7360





また、「大内裏」の入口に当たる「朱雀門」は現在の「JR二条駅」から千本通りを北へ約250m当たりに在ったと言われ、小さな石柱が建てられています。
なお、「JR二条駅」前に発掘当時の写真や説明が書かれた案内板が設置されています。
Img_7442 Img_7444 Img_7370




「平安京ー京都 都市図と都市構造」(金田章裕編)によると「平安京」は桂川に近い南西部の低湿地帯が荒地のまま開発されず未完成の状態で月日が過ぎて、190年後の紫式部が生まれた頃には都の正門に当たる「羅城門」は倒壊し、立地条件の悪い都の西部(右京)域は衰退傾向にあったそうです。

« 番外編 「紫式部」と「たこの呼坂」 | トップページ | 番外編 「紫式部」と「平安京」(2) »

コメント

継体天皇紀行 福井発 歴史ロマンの旅 御中


神田外語大学 メディア教育センター 寺澤です。突然のメールにて失礼いたします。


●2015年度より、本学では、授業の予習/復習のための動画教材の作成を検討しております。

●授業のコンテンツを作成するに当たり、御社の画像を、引用させていただきたく、お伺い申し上げます。

------------------------------------

 ・科目名  :日本前近代史

 ・担当教員名:亀井 ダイチ アンドリュー

 ・開講時期 :1年次(前期、後期)

 ・公開方法 :iTunesUと、大学HP(http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/)

 ・公開対象 :学生、教職員、一般

 ・引用希望 :dainairiatozu123.jpgの画像

  http://8machan-trip.cocolog-nifty.com/keitai/2008/09/post-b3fa.html#more

------------------------------------

●日本前近代史は、グローバル人材の育成を目的とし、海外からの留学生と

 日本人学生が共に英語で日本の歴史、社会、文化を体系的に学ぶ科目です。

 Certificate Program in Japan Studies(略:CPSJ)について

 http://www.kandagaigo.ac.jp/kuis/ggj/otherskills/otherskills.html

●iTunesUは、主に神田外語大学の学生を対象としておりますが、その仕組み上、

 インターネットに公開しますので、一般の方も、視聴ができる形式になります。

 iTunesUのホームページ

 http://www.apple.com/jp/education/ipad/itunes-u/

何卒、よろしくお願いいたします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編「紫式部」と「平安京」(1):

« 番外編 「紫式部」と「たこの呼坂」 | トップページ | 番外編 「紫式部」と「平安京」(2) »