« 番外編 「紫式部」と「平安京」(2) | トップページ | 番外編 「紫式部」と「一条天皇」 »

2008年9月26日 (金)

番外編 「紫式部」と「小塩山」

Img_7446 今から千年前に書かれたと言う「源氏物語」の著者「紫式部」は長徳2年(996年)夏、越前守に任命された父「藤原為時」と共に越前国の国府「たけふ」に入った。


一年半余りの短い滞在であったが、後年編さんした歌集「紫式部集」には越前国府で作った歌を残しています。

Img_6293 この中の一つに越前国府近くの名山「日野山」の雪を詠んだものがあります。




暦に、初雪降ると書きたる日、目に近き日野岳という山の
雪いと深う見やらるれば、

  「ここにかく日野の杉むら埋む雪 
           小塩の松に今日やまがへる」


Img_7504 この都を想って詠まれた歌の中にある「小塩」は、平安京の南西にある「小塩山」のことだそうです。



「小塩山」の東山麓は「大原野」と呼ばれて平安時代初めには皇室の狩場として利用され、「藤原氏」の氏神を祀った奈良の「春日大社」を勧請した「大原野神社」が鎮座しいる聖地でもありました。
Img_7490 Img_7499





また、歌人として有名な「在原業平」が晩年この地に隠棲して数々の歌を詠んだところでもありました。

「紫式部」がなぜ「日野岳」と対比して「小塩山」を連想したのかについては、「在原業平」の歌を知っていて自身の心境と重ね合わせたと言う説や紫式部自身が「大原野神社」に参拝したことがあり、神聖な「小塩山」の印象が強かったなど諸説あります。

その中の一つには古北陸道が現在よりも西側の山麓を通っていたことから、「紫式部」が暮らしていた近くにあって「日野岳」に対面している国府手前の古北陸道沿いの地区「王子保(大塩保)」から連想したのではないかと言う説もあります。


Img_7487 「大原野神社」へは
JR向日町駅または阪急東向日駅から「南春日町行き」バスで約20分終点「南春日町」下車、徒歩約10分
(京都市西京区大原野南春日1152)


Ooharanotizu456

















Img_7445 越前市にある「紫式部公園」は
JR北陸線「武生駅」から約3キロ
(福井県越前市東千福町20)



Oosihotizu456



















参考文献
紫式部伝 (斎藤正昭 笠間書院)

京都の地名検証 (京都地名研究会 勉誠出版)

紫式部日記付紫式部集 (中野幸一編 武蔵野書院)

京都紫式部のまち その生涯と「源氏物語」
  (坂井輝久・井上匠  淡交社)

紫式部 (清水好子 岩波書店)

« 番外編 「紫式部」と「平安京」(2) | トップページ | 番外編 「紫式部」と「一条天皇」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 「紫式部」と「小塩山」:

« 番外編 「紫式部」と「平安京」(2) | トップページ | 番外編 「紫式部」と「一条天皇」 »