« 番外編 「紫式部」と「一条天皇」 | トップページ | 番外編 「紫式部」と「催馬楽(さいばら)」 »

2008年10月18日 (土)

番外編 「紫式部」と「藤原道長」

Img_7446 「紫式部」が女房として仕えた中宮「彰子」は「藤原道長」の娘です。





「藤原道長」は藤原一門の墓地「木幡」に先祖供養の為に自らが創建した「浄妙寺」の南山腹に眠っています。
これは息子「頼道」が墓参した経路から推測されるそうです。
現在、「木幡小学校」グランドに「浄妙寺」の遺構が確認されているそうです。
Img_7570 Img_7573





また、「道長」の墓地は木幡の住宅地に点在する宮内庁が管理する「宇治陵」の中の32号あるいは隣接する33号ではないかと推測されています。
Img_7581_2 Img_7579_2





なお、「宇治陵」の総拝礼所は「木幡駅」南東約300mにある宮内庁管理事務所にある1号陵墓で、ここには「藤原氏墓所」の碑もあります。
Img_7587 Img_7586






「藤原道長」は「藤原不比等」の次男「房前」から続く「藤原北家」の出身で父「藤原兼家」の五男(四男との説もある)として生まれました。

父「藤原兼家」は幼い「一条天皇」の外祖父として4年間「摂政」となって権力を握り、死後は摂関の地位を長男の「道隆」、次男の「道兼」が受け継ぎましたが、いづれも病気で短命に終わりました。

そして五男の権大納言「道長」に権力者になる好機が巡って来ました。
このとき、権力を争ったのが兄「道隆」の息子内大臣「伊周(これちか)」でした。

しかし、「道長」の姉である「円融天皇」の妃で一条天皇の生母「東三条院詮子」の強力な助言によって関白に次ぐ地位の「内覧」に任じられて権力者への道が開かれました。

また、「道長」の妻「倫子」は「宇多天皇」の血筋を引き、この二人の間に生まれた娘「彰子」・「妍子」・「威子」・「嬉子」は「一条」・「三条」・「後一条」・「後朱雀」の各天皇に入内しました。

話は戻りますが、権力を得た「道長」は権力を争った「伊周」の妹「定子」が一条天皇の中宮となっているにも関わらず、娘「彰子」を無理やりに中宮として入内させました。

二人の中宮が並び立っていた異常な時期に中宮「彰子」に仕えるように要請されたのが「紫式部」です。
「紫式部」の出仕に際しては「道長」の妻「倫子」が強く要請したと言われています。
「倫子」は「紫式部」と「またいとこ」の関係にあり、出仕後は「紫式部」の後見人的立場にあったそうです。

さて、「紫式部」と「道長」の関係については男女の関係が噂されていますが、真相は定かではありません。

当時、中宮への取次ぎの女房との間に男女関係が生まれることは宮中で良くあったことであり、また権力者「道長」に逆らうことは難しかったと推量されます。

一方、「紫式部日記」に「道長」が忍んできたが戸を開けずに居たと記述されていることや「倫子」との関係から男女の関係にはなかったと推量する見方もあります。

寛弘5年(1008年)9月11日、「道長」の邸宅の一つ「土御門殿」へ出産の為に里帰りしていた中宮「彰子」が「敦成(あつひら)親王」(後一条天皇)を出産しました。

この「土御門殿」での暮らしは「紫式部日記」に綴られています。

このように栄華を誇った「道長」は晩年、出家して土御門殿と東京極大路をはさんで東隣に「法成寺」を創建しました。
そして万寿4年(1027年)12月4日にこの「法成寺」で生涯を終えました。
現在、京都御苑東側の上京区河原荒神口西入ルにある高校の校舎とグランドの間を通る市道の北面に「法成寺跡」の小さな石柱が建っています。
Img_7411 Img_7415 Img_7416







この時代の様子については右大臣「藤原実資」が記した「小右記」や「道長」自身が記した「御堂関白記」などの日記の中に見ることが出来るそうです。


Murasakisikibutizu111













1 廬山寺(上京区寺町通広小路上ル北之辺町)
2 紫式部墓所(北区紫野西御所田町)
3 千本ゑんま堂(上京区千本鞍馬口下ル閻魔町)
4 一条殿跡(上京区大宮通中立売上ル糸屋町)
5 土御門殿跡(上京区寺町通広小路上ル染殿町)
6 法成寺跡(上京区荒神口通寺町東入ル)
7 東三条殿跡(中京区押小路通釜座西北角)
8 一条天皇陵(右京区朱山)


木幡地域地図
Kobatatizu222



















参考図書
日本の歴史6 王朝と貴族  朧谷 寿  集英社

日本の歴史6 道長と宮廷社会 大津 透  講談社

紫式部伝 その生涯と「源氏物語」
                 角田文衛  法蔵館

京都 紫式部のまち その生涯と「源氏物語」
           坂井輝久  井上 匠    淡交社

« 番外編 「紫式部」と「一条天皇」 | トップページ | 番外編 「紫式部」と「催馬楽(さいばら)」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 「紫式部」と「藤原道長」:

« 番外編 「紫式部」と「一条天皇」 | トップページ | 番外編 「紫式部」と「催馬楽(さいばら)」 »