2007年2月18日 (日)

継体天皇異伝 真清探當證(ますみたんとうしょう)

第26代継体天皇の出生については、「日本書紀」の中に書かれています。
しかし、「日本書紀」とは異なる出生の伝承が書かれた資料がありました。

それは「真清探當證(ますみたんとうしょう)」と言う資料です。
この資料には「継体天皇」が「雄略天皇」の皇位継承の際に殺された「市辺押磐皇子(いちのへのおしはのみこ)」の子供で後の「第23代顕宗天皇」になった「弘計王(をけのみこと)」の子供として生まれたと書かれています。

この「真清探當證」のあらすじは、「小椋一葉氏」に拠れば次のようなものです。

後の雄略天皇は帝が殺された事をいち早く知り、皇位継承の邪魔になる皇子たちを抹殺しようと計画し実行しました。
そして、この難を逃れたのが「市辺押磐皇子」の子供「億計王(おけのみこと)」と「弘計王(をけのみこと)」の兄弟と「市辺押磐皇子」を頼って逃れてきた「彦主人王(うしのみこと)」でした。
Masumidazinzya11 「市辺押磐皇子」の家臣の計らいで3人は難を逃れて「市辺押磐皇子」妃の兄にあたる葦田(あしだ)氏が神主を務める尾張の「黒田神社(真清田神社のこと)」に身を潜めることになりました。
そして時が流れて「彦主人王」の後を追って来た娘「豊姫」と「弘計王」の間に子供が生まれました。この子供が後の継体天皇になる「男大迹王(をほどのみこと)」です。
Neo21 「男大迹王」は生後45日で災いを避けるために「草平とおなみ」夫婦に預けられ、山奥の「根尾村」で密かに暮らすこととなりました。



月日が過ぎて「雄略天皇」が亡くなり、二人の皇子は「清寧天皇」により都に迎えられ、「清寧天皇」が亡くなった後、弟の「弘計王」が即位して続いて兄の「億計王」が天皇に即位しました。

根尾村で暮らしていた「男大迹王」は「草平とおなみ」夫婦の娘「目子姫」と結ばれ二人の皇子を産みました。
そして父の「弘計王」が亡くなり、「億計王」が即位するときに都に呼び寄せられました。
Neousuzumisakura22 (このとき、別れを惜しんで植えた桜の木が根尾村に伝わる「根尾のうすずみ桜」だと言われています。)



以上の様に「日本書記」に継体天皇の父と母で登場する「彦主人王」と「振姫」は、ここでは父「彦主人王」と娘「豊姫」として登場しています。

Neo22 また、乳母「おなみ」対しても別れを惜しんで桜の木が贈られたそうです。
その桜は「根尾」から「尾並峠」を越えて「塩後」地区(山県市葛原塩後)の「乳児の森公園」に「おなみ桜」として守り伝えられています。


Neo24 なお、「おなみ桜」の近くに小さな祠と三つの岩があり、「乳児神社」と言われ「乳房の神」として祀られているそうです。ご神体の岩を触ると母乳がたくさん出るようになると言い伝えられています。



この「真清探當證」およびその著者についての考察の詳しい内容は「小椋一葉氏」が書いた「継体天皇とうすずみ桜」(河出書房新社)を読んでください。

「小椋一葉氏」に拠ると、この資料は昭和初期頃に愛知県一宮市に住んでいた「土田氏」が書いたものらしいのです。
しかし、この資料の元になった古い伝承や古文書が在ったというのです。
「土田氏」は愛知県一宮市にある尾張一之宮「真清田神社」に関わりのある家柄だったようです。
また、「真清田神社」には「真清探桃集(ますみたんとうしゅう)」と言う古文書が在ったといい、この古文書は江戸時代に神社の神職に拠ってもっと古い資料に基づいて書かれたもののようです。
その他、「真清田神社」の周辺には、「弘計王」と「億計王(おけのみこと)」の二人の兄弟皇子についての伝承が伝わっているそうです。

「真清探當證」に書かれている「継体天皇」が隠れ住んだと言われる「根尾村」(現在は合併して岐阜県本巣市)は越前(福井県)とも「温見峠」で繋がり、継体天皇の父方の祖母の故郷「武儀郡」にも接しているところにあります。
また「真清田神社」も尾張の一之宮として古くから何だかの社があったことや継体天皇の妃、尾張氏出身の「目子姫」との関係などから考えると古くから「継体天皇」或いは「安閑・宣化天皇」に繋がる伝承があったのかも知れません。

所在地については下記の地図をご参照ください。

「真清田神社」
愛知県一宮市真清田1丁目2の1
JR尾張一宮駅・近鉄一宮駅から徒歩10分

Masumidazinzyatizu1
















「根尾薄墨桜」
岐阜県本巣市根尾板所
樽見鉄道樽見駅から徒歩10分

「おなみ桜」
岐阜県山県市葛原塩後
根尾薄墨桜より約10キロ

Neosiogo33

続きを読む "継体天皇異伝 真清探當證(ますみたんとうしょう)" »

2006年12月16日 (土)

継体天皇の系譜をめぐる旅(2) 岐阜県美濃地方

継体天皇の系譜をめぐる旅(1)では継体天皇の父「ウシノミコ」の父方の家系についてご紹介しましたが、今回は母方の家系についてご紹介しましょう。

鎌倉時代に「卜部兼方」によって書かれた「釈日本紀」に掲載されている「上宮記逸文」にある継体天皇の家系図によると、継体天皇の父「ウシノミコ」の母(継体天皇の祖母)は「クルヒメ」と言い「牟義都国造伊自牟良君(むぎつくにのみやつこ いじむらきみ)」の出身と書かれています。

ここに出てくる「牟義都国(むぎつくに)」は福井県と県境を接する岐阜県美濃地方を流れる長良川と揖斐川に挟まれた関市及び武儀郡・山県郡・本巣郡周辺の広い地域だったそうです。

Iziramura11_3 Iziramuraezu1_3



一方「伊自牟良君」については、山県郡を流れる「伊自良川」やその上流に現在は合併して山県市となった「伊自良村」があったことからこれらの周辺に勢力を持った豪族ではないかと言われています。

Daimonkofunzu1_1 Daimonkofun11_1



しかし、「伊自良」の地名を持つ「旧伊自良村」には、大きな古墳は発見されておらず、6世紀後半から7世紀のものと言われる横穴式円墳がある「大門古墳群」(伊自良中学校裏手にある)が公園として整備されています。
なお、矢洞地区にある「縣(あがた)神社」は「伊自牟良君」を祀っていたそうです。
Iziramurazu1














「伊自良氏」に関連した事として、福井市美山地域(旧美山町味見)には中世の豪族「伊自良氏」の館跡があります。
この「伊自良氏」は元は関東の御家人八田知家の次男有知が承久の乱で手柄を挙げて恩賞として伊自良の地を賜り、その後越前に移り住んだ一族と言われています。(源義朝の十男との説もある)
また、南北朝時代には南朝方の武将として活躍した伊自良次郎左衛門の活躍が「太平記 巻19」に出てきます。

岐阜県美濃地方における古墳の分布は主に平野部と山間部が接する里山に集中して造成されていて、岐阜県最大の前方後円墳は大垣市赤坂地域(岐阜県大垣市昼飯町)にある「昼飯大塚古墳」(全長180m)と言われています。

Nokofunzu11 Nokofun1 Nokofun2



また、5世紀から6世紀初めには揖斐川と根尾川に挟まれた揖斐郡大野町に200基もの古墳が集中して造営され、その中でも「野古墳群」は500m四方に9基の前方後円墳と円墳が集中する所で昔の風景を残す貴重な地域です。

なお、関市にある陽徳寺裏山1号墳(関市武芸川町宇多院)は6世紀初め頃に造営された古墳です。ここから出土した角杯形土器は福井県の窯で焼かれた物ではないかと言われています。

2006年12月 9日 (土)

継体天皇についての伝承地(5) 本巣市根尾

岐阜県本巣市は根尾川沿いの本巣町・糸貫町・真正町・根尾村が2004年に合併して出来た新しい市です。

Neousuzumizakura1 さて、本巣市を流れる根尾川の上流、福井県と境を接す所に根尾地区(旧根尾村)があります。ここには樹高約17m・枝張り約23m・幹周り約9m・樹齢1500年と言われる天然記念物に指定された「薄墨桜」が在ります。

この桜には、継体天皇の生い立ちに関する意外な伝承があり、その伝承は昭和の初め頃に発見された「真清探當證(ますみたんとうしょう)」と題する古い本の中にも書かれています。そしてその内容は「日本書紀」に書かれているものとは、大きく異なるものです。

「真清探當證(ますみたんとうしょう)」については1992年に河出書房新社から出版されている小椋一葉氏の著書「継体天皇とうすずみ桜」を参照していただくとおもしろいと思います。

では伝承について簡単ご紹介しましょう。

皇位継承の争いで父の市辺押磐皇子が後の雄略天皇に殺され、その子である億計王と弘計王の兄弟は、尾張に逃げて隠れ住みました。
月日が流れ、弟の弘計王に皇子(後の継体天皇)が生まれましたが、雄略天皇を恐れて養父母に託し、根尾谷に隠して育てる事になりました。
雄略天皇が亡くなって何年かが過ぎて、清寧天皇によって見出された兄弟は都に戻ることが出来ました。
そして賢者であった弟の弘計王が天皇(第23代顕宗天皇)に即位し、その後を継いで兄の億計王が天皇(第24代仁賢天皇)に即位しました。
この時、29歳に成っていたのちの継体天皇が都に上がることになり、別れを惜しんで桜の木を植えたそうです。
以上が簡単な「薄墨桜」に関する内容です。

なお、以前には奈良時代に都を追放された「根尾殿」の墓標とも言い伝えられていたそうです。

伝承が残る根尾地区は、継体天皇の父方の祖母の出身氏「伊自牟良氏」の支配地域にある武儀川の上流部と境を接し、伊自良地区とも非常に近い位置にあります。
また、「温見峠」を越えると越国に行くことが出来ることから古代より尾張や美濃と越を結ぶ道があったと思われます。
現在は国道418号線や国道157号線が走っています。

所在地については下記地図をご参照ください。
Neomurazu11














根尾の薄墨桜
所在地 岐阜県本巣市根尾板所

電車では
JR大垣駅から樽見鉄道にて(約1時間)終点「樽見駅」下車、徒歩約15分

車では
名神高速大垣インターから大垣市内を抜けて本巣方面へ約40キロ
国道157号線と418号線分岐地点を過ぎて左折して新市場橋にて根尾川を渡り坂を上がる。
シーズンには交通規制あり。

続きを読む "継体天皇についての伝承地(5) 本巣市根尾" »

2006年7月25日 (火)

継体天皇のお妃たちをめぐる旅(1)

今回は継体天皇のお妃たちについてご紹介しましょう。

Keitaizou22_1

継体天皇のお妃は日本書紀に寄れば9人、古事記では7人の名前が挙げられています。
今回は日本書紀に基づいて、その中の最初の三人についてご紹介しましょう。(写真は福井県越前市(旧武生市)余川町味真野苑にある謡曲「はながたみ」の記念像です。)

Nisiyamatuka11_1 まず最初は、「皇后」として挙げられている「手白香皇女(たしろかのひめみこ)」です。
この方は仁賢天皇の子供(雄略天皇の孫)で、前帝の武烈天皇の姉にあたる方です。継体天皇が天皇に即位する際に皇后として迎えられました。(前天皇家からの血を引き継ぐ)
そして「欽明天皇」の母にあたります。白手香皇女の墓は奈良県天理市の山辺の道沿いにある衾田墓(ふすまだのはか)と言われる西殿塚古墳とされていました。しかし4世紀ごろの墓であることが判明したので、この近くの「西山塚古墳」(写真)が真の墓ではないかと言われています。

Danpuyama11 次は、元妃「尾張連草香女目子媛(おはりむらじくさかのひめみこ)」です
この方は、尾張地方の大豪族「尾張氏」の出身で継体天皇が即位する前のお妃と言われています。そして「安閑天皇」「宣化天皇」の母にあたります。写真は熱田神宮から名古屋中心部へ向かう国道19号線沿いにある熱田神宮公園にある尾張氏の古墳と言われている「断夫山古墳」です。

Rokurosekofun11 最後に「三尾角折君妹稚子媛(みおのつのをりきみいもうとわかこひめ)」です。
この方の産んだ子供の名前が「大郎皇子(おほいらつこのみこ)」と言い、現在で言う「太郎」にあたり、長男に付ける名前であることから継体天皇の最初のお妃であると言われています。また、一説には「角折」という地名が九頭竜川の支流足羽川との合流地点に近い日野川の右岸に残っている事からこの付近の出身ではないかと言われています。写真は福井県坂井市丸岡町上久米田の山腹、国道364号線沿いにある三尾一族の墓であると言われる「六呂瀬山古墳」です。

次回は継体天皇の陵墓についてご紹介しましょう。